事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 未分類
  3. ホンダ NSX NA型

ホンダ NSX NA型

NSX(エヌエスエックス)は、本田技研工業が生産、販売している2シーターのスポーツカーである。

バブル景気絶頂期の1989年に発表、翌1990年9月14日の販売開始から2005年12月末までの15年間の長きにわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造され、(フルモデルチェンジに相当する内容の改良は幾度となく行われた)2006年1月まで販売がなされた。価格は販売当初は1グレードのみの800万円(AT仕様は60万円高)で、当時の日本のメーカーの乗用車の中では最高額だった。その後、改良や装備の追加などにより徐々に値上がりし、900万-1,300万円台となった。なお販売した15年間は当時のスポーツカーの新車価格では日本車最高額だった。このNSXは販売開始(発売)から生産終了までの間、ホンダにおけるフラッグシップの座を担っていた。NSXの生産終了以降、レジェンドがフラッグシップに返り咲いた。

I型(初期型)の3リッターエンジンは、同社のセダンであるレジェンドに搭載していた横置きV6エンジンで、運転席後方に搭載し後輪を駆動するミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)を採用している。また、当時市販自動車として類を見ない世界初の「オールアルミモノコック・ボディー」を採用した。その特殊性から、大工場での産業用ロボットによる流れ作業製作ではなく、エンジン同様にほとんどを手作業で行っていた。このような特色と価格帯から、日本車で唯一のスーパーカーとも評された。

車名はホンダの新しいスポーツカー、「ニュー」「スポーツカー」と未知数を表す「X」を合成させたNewSportsCarXの略である。1989年のプロトタイプ・モデル発表からしばらくは、NS-Xと、SとXの間にハイフンが入っていたが、1990年の販売開始時にはハイフンが取れてNSXとなった。

日本での販売店はベルノ店。日本国外ではホンダブランドのほか、北米ではホンダの高級車チャンネルのアキュラブランドから発売。日本名と同じ「NSX」の名前で販売された。欧米で2006年から始まる燃費・排ガス環境規制への対応が難しいため、欧州向けは2005年9月末、北米向けは同年12月末、国内向けは2006年初頭をもって生産終了となった。

『 事故車買取 事例 左右側面損傷 オートマ車 買い取り127万円 』

pict-NSX

車を買い換えるときなど、購入予定のディーラ-で下取りとして買い取ってもらうか、買取専門店で買い取ってもらうかが一般的かと思われます。

ディーラーに下取りしてもらう場合、買い取った後、その車を系列の中古車屋で取り扱う場合が多く、ディーラー自身がブローカー的な役割をすることになるので、仲介手数料を含めて査定額が低くなってしまう場合があります。

また、ディーラー側から買い取った中古車屋も車を売る必要も出てきますので、年式、走行距離など販売価格を意識した査定ポイントになっていると言われ高価査定がつきにくいと負われています。さらに事故車や多走行車、車検切れの車の場合は、それだけで価値が下がりますので買取に値がつくことすら難しくなります。

また、ディーラー1社との取引となりますので、複数の業者に査定してもらった場合より、査定額が低くなる傾向があり、場合によってはかなりの差が出ることもありますので、妥協すると損をすることになります。

しかし、ユーザーとしては手間もかからず、古い車の処分が一度にできるなど便利なシステムであることも事実です。

一方、買取専門店の場合、ディーラーに比べて比較的高値で買い取ってくれるケースも多いようです。 買取専門店の場合、買い取った車をオークションに出す場合がほとんどのようですので、オークション相場で、人気があるかどうかで買い取り業者側がほしい車も変わるため、場合によっては高額で買取される場合も出てくるというわけです。

さらに年式、走行距離だけの査定ポイントでなく、車のドレスアップしたパーツ代も含めて査定してくれるので、付加価値も査定のポイントしてくれる場合もあり、高く買い取ってくれるのです。

また、事故を起こした車などは一般的にマイナス要因になりますので、その分安い価格で査定されてしまいますが、事故車専門の買取業者も存在するくらいですので、その分野に特化した業者を選択してみるのも手です。

事故車買取専門業者の場合、買取専門業者同様に多走行車、車検切れ、年式以外の付加価値での査定ポイントも考慮してくれるところも多く、事故車だけでなく水没車、不動者などそのままでは査定がつかないような状態の車でも買い取ってくれる場合もあります。

これは、オークション会場への出品だけでなく、使用できる部品をパーツとして売買できる独自のルートを持っている業者も多く、事故車でも高く買い取れるわけです。

諦めてしまう前に一度相談してみるのも手だと思います。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿