事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 未分類
  3. ゲリラ豪雨で車が水没してしまった・・・保険は使える?

ゲリラ豪雨で車が水没してしまった・・・保険は使える?

台風の大雨で近所の川の堤防が決壊し、あっというまに町の中に水が流れ込んできて、昨年買ったばかりの車は移動させるゆとりもないままボンネットの上まで完全に水につかってしまいました。外観には特に傷がつきませんでしたが、エンジンがダメになり、修理は不可能。廃車にするしかないようです。このような天災でも車両保険をかけていれば保険金はおりるのでしょうか?

水没車~1保険が効くといっても、強制加入の自賠責保険では当然だめです。 自賠責保険は他人にケガを負わしてしまった時などに最低限保障をするための保険です。 上積みの任意保険の加入が必要で、更にその中で車両保険に入っていなければなりません。 車両保険にさえ加入していれば、ほとんどの場合は補償されると思います。

車両保険の種類を「一般条件の車両保険」か「エコノミー車両保険(車対車+A)」で契約していれば、台風や洪水、高潮などの被害にあった場合でも支払いの対象です。日本はこのような自然災害を受けやすい国です。「交通事故」や「盗難」以外に受けるかもしれない車両被害も保険契約時に想定しておく必要がありそうですね。

ただし、津波での水没は話が違います。 津波は2011年の東日本大震災であったように、地震が原因で起こるものです。 そして、これは自動車保険では保険金支払いの対象外となります。 理由は、地震由来の災害が発生すると、その規模が甚大になり、保険でカバーしきれなくなるからです。

ちなみに、保険によっては地震や津波で被害を被った場合に一時金が出るような特約もありますが、上限が50万円だったり、全損でないとダメだったりと、余り使い勝手の良い内容とは思えません。 ただ、普段、災害時に水没する危険性の高い場所に車を止めてとくことがあるのであれば、加入を検討されるのが良いかと思います。

 

 

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿