事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 未分類
  3. 水没車を修理、レストアするには

水没車を修理、レストアするには

もしも愛車が水没車となってしまったら、水没車であっても大切な愛車ですからこれからも乗り続けたいと、まずは修理できないかどうかを考えるのではないかと思います。 では、そんな水没車を修理やレストアするにはどうすれば良いのでしょうか。

まずは修理工場に持って行き修理を依頼することになるのですが、水没車の修理というのは非常に大掛かりなものになります。 水没することで車に入り込むのは水だけではなく、泥も含まれています。 車のあらゆる所に泥が入ってしまっているわけですから、多くの部品は取り替えなければなりません。

どのくらい水没したのか、これによっても状況は変わってくるのですが、例えば、車内にも水が入り込んでシートが水浸しになってしまったような場合では、シートは水や泥に浸かることで臭いが付いてしまい、これはどんなに清掃をしても残ってしまいますので、当然ですがシートを入れ替えしなくてはなりません。 車内のシートを全て剥がし、新たなシートを取り付けていくわけです。 シートを入れ替える必要がない程度であっても、水が乾いた後に嫌な臭いが残ったりしますから清掃をする必要があります。

また、同様に、水没車の多くはエンジンや電気系統といった重要なパーツも水に浸かることによってなんらかの支障をきたしていることが予想されます。 そのため、多くの場合はこれらのパーツも修理、もしくは取り替えをしなければならないでしょう。 水没するというのは非常に厄介なもので、レストアするにしてもかなりの手間がかかる大掛かりなものになってしまいがちです。 もちろん、レストアすることで以前のように一時的には問題なく運転することができるようになる可能性もありますが、将来的に再度トラブルを起こしてしまう可能性が高く、やはり水没車を修理するためには車を構成している部品の多くを新しいものに取り替えることが多くなります。

この時にかかる費用は非常に高額で、100万円以上になってしまうことも珍しくありません。 修理工場からも修理するよりも新車を購入したほうがいいと勧められることが多く、水没車を修理して再度乗るという方は少ないのが現状です。 このように、水没した車を修理してレストアするには、ある程度の時間と費用がかかるんだということを認識しておくことが大切になるでしょう。

ただ、レストアにかかる費用については車両保険の加入状況によっては補償してもらえることもありますので、まずは保険の状態について確認することも大切なポイントになります。 そのうえでどうするかを判断するのがよいのではないでしょうか。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿