事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 事故車
  3. 修復歴車とは?

修復歴車とは?

修復歴(しゅうふくれき)とは、過去に交通事故その他の災害などにより、自動車の車体の骨格部位を損傷し、「修正」あるいは「交換」により修復したことをいう。自動車の流通過程での未修復である「現状車」も同様の判定基準を適用している。

事故を起こしてなくとも修復歴に該当する車体の骨格部位(主に内鈑やフレーム)が損傷もしくは修正されていた場合、修復歴となる。逆に事故を起こしてはいても、バンパーを交換した、ドアのへこみを戻し塗装した、だけでは修復歴にならず、交換跡、修理跡と判断される。したがって、修復歴は事故歴と混同されがちだが、別物であるといえる。

修復歴は日本自動車査定協会 (JAAI)において定義されているが、その判定基準が全国のオートオークションごとに異なっていたため、日本オートオークション協議会において、平成14年に「統一検査基準検討専門部会」及び「同分科会」を設置し、修復歴判定基準の統一に向けて研究・検討を行っている。

 

修復歴の定義

 

  1. : フレーム (サイドメンバー)
  2. : クロスメンバー
  3. : インサイドパネル
  4. : ピラー
  5. : ダッシュパネル
  6. : ルーフパネル
  7. : フロア
  8. : トランクフロア
  9. : ラジエータコアサポート

上記の1番から9番までの箇所が1ヶ所でも交換または修復されたことがあれば修復歴車となり、査定価格の下落に繋がります。

逆に言うと、これ以外の箇所を事故などで交換または修復していたとしても修復歴車とはならないということです。

これらはフレームですから、ある程度大きな事故を起こさないと、この部分が修復交換されることはないので、修復歴車は一定以上の事故を経験しているということです。

 

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿