事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 廃車
  3. バイクの廃車登録方法と名義変更の流れ

バイクの廃車登録方法と名義変更の流れ

バイクの廃車登録手続きに必要な書類と流れ

a0008_000472

車検切れの中古バイクを購入した場合や廃車済みのバイクを再登録する場合には、陸運局で登録手続きを済ませなければそのバイクに乗ることはできません。これは新規登録の場合でも同様です。

たとえば、車検がまだ残っているという時には、名義変更の手続きを済ませる必要があり、これは管轄の運輸支局に行って手続きを行うことになります。
手続きには次の書類が必要です。

  • 車検証
  • 譲渡証明書
  • 住民票または印鑑証明
  • 自賠責保険

車検証、手数料納付書、申請書、軽自動車税申告書については陸運支局でもらうことができます。管轄が変わるという場合にはナンバープレートも必要になります。また、手続きに際して印鑑が必要になりますので、必ず持参しましょう。

名義変更に必要な費用は無料で、管轄の変更がある場合のみナンバープレート代が必要になります。
必要な書類を揃え、各項目にそれぞれ記入をしたら実際に手続きを進めていきましょう。

管轄が変わる場合は、陸運支局でナンバープレートの返納や書類の提出、軽自動車税の申告を行うと手続きは完了し、最後にナンバープレートを購入します。なお、管轄が変わらない場合にはこの手続きは不要です。

バイクを持ち込む必要もなく、費用もナンバープレート代がかかることがあるというだけですので非常に簡単な手続きと言えますが、用意しなければならない書類などは多くありますので忘れてしまわないように注意しましょう。

車検切れバイクの場合、車検を受ける必要がある

車検が切れているという場合には運輸支局ではなく陸運局に行きます。
必要な書類は名義変更の時と同じですが、車検切れということで車検を受けることになります。
そのため、窓口で新規登録申請用紙に加えて、車検のための用紙も一緒にもらいましょう。
その後はバイクの車検が行われ、問題がなければナンバーをもらうことができます。

バイクの登録手続きや名義変更の手続きをする場合は車検が残っているのか切れているのかで手続きを行う場所が変わってきます。
用意するものは基本的に同じですが、運輸支局に行くのか陸運局に行くのかが変わりますので注意しましょう。

原付バイクの廃車手続き

a0001_000767

原付バイクを廃車する場合は、ナンバープレートを管轄している市町村の役所で必要な登録手続きを行います。
単純に廃車にしてしまう場合はもちろんですが、名義変更をする場合や別な管轄へ引越しをするというような場合でも廃車の手続きが必要になります。

廃車手続きを行う場合はナンバープレートと以下の書類を持参して役所へ行きます。

  • 標識交付証明書
  • 印鑑
  • 廃車申告書

廃車申告書は役所でもらい、その場で記入することもできます。

必要な書類を提出し、ナンバープレートを返納すれば最後に廃車証がもらえますので、これで原付バイクの廃車手続きは終了です。

廃車証がもらえるのは、対象の原付バイクを一時使用中止する場合のみです。
なお、廃車手続きの費用は無料です。

廃車した原付バイクにもう乗らない、他人に譲ったりしないという場合にはその後は解体業者に依頼して解体してもらうこともできます。まお、自賠責保険の期限が残っている場合は残りの保険料が返ってきます。

廃車にする原付バイクはナンバープレートを返納した時点で乗ることができなくなりますので、対象の原付バイクを運転して役所に手続きに行くことは絶対にしないでください。

バイク廃車後の再登録について

1度廃車にしたバイクに再度乗るためにはナンバーを再取得する登録手続きが必要です。
手続きは運輸支局で行い、検査料、重量税、自賠責保険への加入料がかかります。

登録には以下の書類が必要になりますので事前に用意しておきましょう。

  • 自動車検査料返納証明書
  • 有効期限が残っている場合は自賠責保険証
  • 代理人が手続きを行うという場合は委任状
  • 廃車証
  • 免許証や保険証などの身分証明書
  • 住民票
  • 印鑑

この他にも、新規登録申請書、自動車重量税納付書、手数料納付書、軽自動車税申告書、点検整備記録簿、自動車検査票などの書類があわせて必要になりますが、これらの書類は運輸支局でもらうことができるようになっていますので、手続きに行った際にもらえば問題ないでしょう。

これらの書類を用意して手続きを行うことで、廃車済みの原付バイクを改めて登録することができます。

原付バイクの自賠責保険の名義変更について

中古の原付バイクを購入した場合など、前の所有者の自賠責保険が残っていることがあります。
自賠責保険というのは乗っている人というよりも原付バイクそのものにかかっている保険のため、そのままでも事故を起こしてしまった時に保険金は出ます。
ですが、自賠責保険の名義変更をしていないと前の所有者に連絡が行ってしまったり、いざという時に面倒なことになる可能性もあります。
こうしたことを避けるためにも、自賠責保険の名義変更は速やかにしておきましょう。
廃車にした原付バイクを再登録する場合にも、自賠責保険の名義変更をする必要が出てくる可能性がありますので、名義変更について知っておくことは重要です。

原付バイクの自賠責保険の名義変更には自賠責保険承認請求書、身分証明書、印鑑、印鑑証明書、自賠責保険証明書などが必要になります。
ただ、どういったものが必要になるかは保険会社によっても変わってきますので、事前に保険会社に確認をしておくことが大切です。
必要な書類やものが揃ったら、あとは保険会社に連絡をして手続きを進めてもらいましょう。
名義変更が済めば、万が一事故を起こしてしまった時もスムーズに対応をすることができるようになります。

原付バイクの標識交付証明書を紛失した場合

a0007_002013

原付バイクを所有しているという場合、いくつかの証明書を所有していることになりますが、その中には標識交付証明書というものがあります。

標識交付証明書は、該当する原付バイクが自分の所有するものであるということを証明する大切な証明書で、これがなければバイクの廃車や登録といった手続きが行えなくなってしまいます。
では、もしも標識交付証明書を紛失してしまった場合はどうすればよいのでしょうか。
原付バイクの標識交付証明書を紛失した場合は、標識交付証明書を再発行が必要です。

再発行の手続きは原付バイクを登録した市町村の役所で再発行の申請をする必要があり、この際の手数料は無料となっています。
印鑑、免許証や保険証といった身分証明書を持参して役所に行き、再発行に必要な手続きを済ませましょう。
もし、原付バイクの所有者本人が手続きに行くことができず、代理人に手続きを依頼するという場合には委任状もあわせて必要になります。

また、原付バイクを売買する場合などは所有権を移すために譲渡証明書が必要になります。
譲渡証明書がなければ名義変更ができませんのこちらの書類も非常に重要なものとなります。

どちらも原付バイクの各種登録をする時に必要になってきますので、紛失してしまわないようにしっかりと保管をしておきましょう。

原付バイクの名義変更と譲渡証明書について

原付バイクを他人に譲渡する場合、まずは該当する原付バイクを一旦廃車登録しなくてはなりません。
他人に譲渡するために廃車にするというのは少しわかりにくいかもしれませんが、これも必要な作業ですので注意しましょう。

特に親しい間柄で譲渡した場合、面倒だし、バイクはあるからこのまま乗ってしまおうと考える方もいるようですが、それは危険です。
何かあった時に問題を抱え込むことのないように、事前に出来る手続きはしっかりと済ませるようにしましょう。

まず、原付バイクの現在の所有者は役所にナンバープレートと標識交付証明書を持参して廃車手続きをします。

手続きが終わると譲渡証明書をはじめとした書類を発行されますので、必要事項を記入したうえで新しい所有者に渡しましょう。
その後は新しい所有者が名義変更の手続きを進めることになります。

廃車手続きが済んだら、名義変更の手続きを行います。この時、譲渡証明書が必要になります。
譲渡証明書は、所有する原付バイクを他人に譲渡するということ証明するための書類で、名義変更の手続きの際には必ず必要になるものです。
譲渡する側の氏名、住所、そして譲渡される側の氏名、住所に加え、原付バイクの車名や型式番号なども記入します。

原付バイクの譲渡証明書の書き方

譲渡証明書は、国土交通省のホームページから印刷する事ができます。
プリンターがない場合は、バイクの販売所などでもらったり、陸運局に用紙販売所がありますから、そちらで入手するといいでしょう。

まず、原付バイクの車名、形式、車体番号、原動機の形式などを記入します。
こうした情報は車検証に記載されていますので、車検証を参考にしながら記入するとよいでしょう。

さらに、旧所有者、つまりは自分の氏名、住所を記入して印鑑を押します。
この時の印鑑は認印でもかまいません。
原付バイクを譲渡された日付、新しい所有者の氏名、住所を記載する欄もありますが、こちらは印鑑を押す必要がありません。
また、特別に何か記載しておかなければいけないことがあるという場合には、備考欄に記入するようにしましょう。

記入する内容はそれほど多くないのですが、間違いや不備があれば手続きが行えない場合もありますので十分に注意しましょう。
この譲渡証明書が完成すれば、原付バイクの譲渡を行うことができるようになります。
最後にナンバープレートをもらえば自由に乗ることが可能です。

名義変更の費用は無料で、必要な書類、つまり譲渡証明書や身分証明書、印鑑などが揃っていれば比較的簡単に済ませることができます。
また、自賠責保険が残っているという場合には自賠責保険の名義変更、そして自賠責保険が残っていない場合には加入の手続きもそれぞれ行う必要がありますので忘れずに済ませておきましょう。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿