事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 未分類
  3. 車の売却におけるトラブルの事例と注意点

車の売却におけるトラブルの事例と注意点

車の売却・買取をキャンセルする時の注意点

a0002_011875車を売却した後に車に愛着がある・もしくは何らかの都合でキャンセルをしたいと思うこともあるかもしれません。
ただ売却契約が成立した後の場合は、トラブルに発展することがあるので注意が必要です。

これが査定のみ、まだ売却契約を結んでいない状態であれば、車売却のトラブルになることはありませんが、契約を結び、自分の都合で一方的にキャンセルを要求すると違約金を請求される可能性もあります。
買取店は、買取した車をすぐにオークションに出品したり、店頭に並べる準備に取りかかるため、急にキャンセルされると大きな損害になります。
その損害分を請求されるケースがあるので、まずは契約書をしっかりと読むというのが重要になってきます。

契約書には契約後一定期間を過ぎてからのキャンセルは契約違反となるという旨が記載されていることがあります。
その期間内であればキャンセルをしても問題無く返却してもらえますが、期間が過ぎていると違約金を請求されると思ってください。
事情を説明することで買取店側が特別処置をしてくれる可能性もゼロではありませんが違約金が発生する可能性はあります。キャンセルに応じてくれない場合は、法律の専門家に相談してみるのも良いかもしれません。

売却と同じく車の買取りトラブルも色々ありますが、事例として多いのがキャンセル時に発生するトラブルでしょう。

後から調べたら他店で売った方が良かったというケースもあるでしょう。
その場合、車の買取をキャンセルして他の買取店で売りたいと思うのは当然のことですが、既に契約を済ませていると時既に遅しです。そのため、契約を交わす前に事前にいくつかの買取会社に問合せすることをお勧めします。

無償キャンセルができる期間は買取店によって異なりますが、既にその買取店の手元から車が離れている場合はキャンセル料を支払うことになるかもしれません。
早いところだと2~3日程度で手元から離れてしまうので、キャンセルする場合は、売却した翌日には連絡をしたほうが良いでしょう。

中古車売買のキャンセル料について

中古車売買の契約を結んだ後にキャンセルする場合、キャンセル料が発生することがあります。

このキャンセル料が原因でトラブルに発展する事例が多く、事前に契約後のキャンセルについて理解しておいた方が良いでしょう。

契約内容に疑問を感じたり、不明な点があった場合には、事前に買取店に確認を取ることで、キャンセルによるトラブルを防ぐ事が出来ます。

中古車の売買契約には契約後一定期間を過ぎた場合は一方的なキャンセルは出来ないという記述があります。

キャンセルしても買取店に車が無い場合や、既に他の販売店や個人客が購入している可能性もあります。
それを手元に戻すとなると、販売店側にも損害が出てしまう為、その損害をキャンセル料として支払わないといけません。

自動車売却時に起こりうるトラブル

lgf01a201304231500

車の売却トラブルのなかで、最も多いと言われるのは、高く売れたと思っていたが、実は他店より金額が安かったのでキャンセルしたい。というケースです。

車の価値というのは買取店によって大きく異なるので、数十万円の差が生まれる事は珍しくありません。
そのため、価格差によるトラブルを防ぐためにも、事前に複数の買取店で査定を行い、適正価格・売却値段をしっかりと確認する必要があります。

その他に自動車の売却に関するトラブルとして、ローンで購入された場合にある手続きや進行に不備のある所有権解除が出来ない事や、必要書類が揃わない・不備があるような書類・名義変更に関するトラブル。
さらには自動車税の還付に関する内容・契約そのものを解除されてしまったトラブルなど、自動車売却に関する事例は多いので、きちんと専門家の意見にしたがって売却しましょう。

車の売買におけるトラブルと回避するコツ

どんなに信用できそうな買取店を利用しても些細なことがきっかけでトラブルに発展する可能性があります。

車を売却したい場合、個人売買よりも中古車買取店で買取してもらった方がトラブルが少ないので安心です。
しかし、しっかりと契約書を読んだり、疑問点などを確認していないと契約成立後にトラブルが発生する可能性があります。

まず、よくある車の売却トラブルはメール査定と実車査定の金額が大幅に異なるというものです。

最近ではどの買取店でも必要事項をメールで送信して査定をしてもらう「メール査定」というサービスを行っています。
わざわざ店舗に車を持ち運ぶ必要がありませんし、24時間受け付けているので利用される方が多いです。
簡単に愛車の現在の価値を把握することができるので、車を売ろうかまだ迷っているという方にオススメです。
ただし、メール査定で提示された金額と実車査定の金額には誤差があるので注意しないといけません。
実車査定だと実際に車を見て状態を確認することができますが、メール査定だと簡単な情報だけで査定を行うので正確な評価を下すことはできません。

あくまでも概算価格になるのでメール査定で提示された金額がそのまま買取価格になる事はほぼありえません。
しかし、金額の開きが大き過ぎる場合もあります。
この場合、その買取店に文句を言ったとしても解決しないので、違う買取店で買取してもらうようにしてください。
こういったケースに対応するためにも、事前に1社だけではなく、他の買取店でもメール査定でピックアップしておくようにしましょう。

そして、車の売却トラブルとしてよくあがるのが、中古車の売買契約成立後に後日買取店側から減額を要求されたというものです。
査定をして買取金額を提示され、その金額に納得したからこそ売ったのにも関わらず、販売店から減額要求の連絡が入ることがあります。
主な理由は買取契約後に、故障部位や大きなキズが見つかったり、走行させてみるとエンジン音がおかしいといった理由からです。

減額要求に応じない場合は売買契約を一方的に不成立にされることもありますが、そこで慌ててはいけません。
買取店側のミスによって生まれたものはこちらに全く責任が無いので、そのことを買取店側に伝えるようにしましょう。
悪質な買取店になると、減額要求で利益を出しているところもあるので、ここで大人しく減額要求に応じてしまうと相手の思うつぼです。

このような車の売却トラブルを防ぐためにも、中古車を買取してもらう前に、契約後の不具合について確認しておくことが必要です。
不具合が見つかった場合でも、それが買取店側の落ち度であれば減額要求をしないということを契約書に記載させるようにしましょう。

中古車の売却であり得るトラブルを事前に知っておくことでそのような事態になっても焦らず対応することができます。
悪質な買取店を利用した場合によくあるのが、入金予定日を過ぎているのにも関わらず、お金が一向に支払われないというものです。
この場合、まずは買取店側に連絡をしてそれでも支払いが行われないのであれば弁護士や消費者生活相談窓口、中古車買取の団体などに相談された方が良いでしょう。

修復歴が無いにも関わらず、事故車認定されるというケースもあるので注意しないといけません。
事故を起こした車を全て事故車だと思っている人が多いですが、これは誤りで、事故車というのは車のフレームを修理や交換した車のことです。
つまり、事故を起こした車でもフレームに大きな損傷がなく修理や交換をしていないのであれば事故車にはならないということです。

このことを知らない人が多く、それを利用して悪質な買取をするところもあるので、その場合はきちんとなぜそういった評価になったのかを確認してください。
また、そのようにおかしな買取をしようとしたところでは絶対に売らない事が鉄則です。
この他にも消費税をめぐるトラブルや、自動車税のトラブルなども発生する可能性があるので全て事前に確認を取るようにしましょう。
車の売却トラブルは、契約前の確認で未然に防ぐことができるので、何か疑問や不安なことがある場合はそのままにしないようにしてください。

個人売買における契約書の重要性

インターネットオークションが身近なものになったことで車を個人売買する人が増えています。
個人から車を購入した方が安い場合や、個人に車を売った方が高くなる場合がある為です。

またインターネットオークションだけではなく、知り合いから車を購入したり、売却するケースも増加しています。

しかし、個人売買の場合、車の売却トラブルを起こす可能性が高いので十分に注意しないといけません。
車を売却した後に、求めていたイメージと違う。というクレームで返金を求められたり、売買の代金を支払ってもらえないというトラブルがあります。

個人売買のトラブルを防ぐためにも契約書を作成してから売買する事をお勧め致します。
契約書を作成することで売却後に問題が発生した場合にも、契約内容に基づいて対応するだけなので、トラブルの心配がなくなります。

これから個人売買で車を売却しようと考えている人は、トラブルを防止するためにも契約書を作成し相手に提出しましょう。

契約書に記載する内容にルールはありませんが、最低限売買車両の情報や、自動車税の返還が必要なのか、かしがあった場合や、修理の負担割合などは必要です。

特にかし担保の期間と、かしがあった場合の修理の負担割合を定めておかないと、売却後に故障が発覚した場合、大きなトラブルに発展する可能性があります。

もし、個人売買における契約書を自分で作成することが出来ない、手間をかけたくないのであれば、行政書士や弁護士といった法律の専門家に相談するというのもひとつの方法です。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿