事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 未分類
  3. 車の板金修理の価格や費用、料金の相場について

車の板金修理の価格や費用、料金の相場について

車を自分で板金修理したい、diyをお考えの方へ

通常、車を板金修理するとなれば業者に任せることになります。
ですが、この方法ではそれなりの費用がかかってしまいますし、傷やへこみの度合いによっては自分で板金修理をしてしまいたいと考えることもあるかと思います。
カーショップに行けば板金修理に必要になる道具なども販売されていますから、実際に自分で板金修理をすることは決して不可能ではありません。

ただ、diyで車を板金修理するには気を付けなければならないこともあります。
まず、どんなに丁寧に作業をしたとしてもやはりプロが行う場合に比べて仕上がりの質は落ちてしまうという点です。
カーショップなどに売っている道具はプロが使うものよりも安く、経済的ではありますが、その分質も劣ってしまうことがほとんどです。
さらに、プロは高価な道具を使うだけでなく高い技術も持っています。
この2つが合わさることで完璧な仕上がりを実現しているのですが、自分で板金修理する場合には技術力の面でもプロにはかないませんので、どうしても仕上がりに差が出てしまいます。
この差は作業が大掛かりになればなるほど出てくると考えていいでしょう。

そのため、diyで板金修理をする際にはとにかく丁寧に少しずつ作業を進めること、そして失敗してしまう可能性もあることを意識しておく必要があります。
自分でカバーできないほどの失敗になってしまった場合には、結局その後にプロに依頼することになってしまうこともあります。

ただし、自分では絶対無理というわけでもありません。
簡単な塗装なら正しい工程で丁寧に作業をしていけば十分な仕上がりを期待することができます。
初めての場合はなかなか難しいものだと思いますが、コツを掴めば作業もスムーズに行うことができるでしょう。
費用の面でも自分でやった方が安く済むことが多くなりますし、diyによる板金修理をしたいという方は十分な知識を備えたうえで挑戦してみましょう。
少しずつ難しい作業もこなせるようになれば、多くのトラブルに自分で対応できるようにもなります。

車にかける板金修理の価格や費用、料金の相場について

車を板金修理してもらう場合、その費用の相場はどのくらいになるのでしょうか。
板金修理の場合は主に作業工賃と交換する部品代によって決められています。
その他の費用としては材料費や設備の使用量、代車の費用などがあります。

まず、作業工賃についてですが、これは修理工場ごとに決めている基本となる金額に、作業にかかる時間を組み合わせて考えています。
作業時間がかかる修理ほど、費用も高くなっていくというわけです。
この時の作業時間はあくまでも目安になるもので、各修理工場の規模や設備の充実度合いなどによっても変わってくるため、どの修理工場に依頼しても同じ時間になるわけではありません。
また、基本となる料金もそれぞれで違うため相場といってもはっきりとした額を出すことが難しいのが現状です。

また、部品代も状況によって大きく変化します。
交換しなければならないこともあれば簡単な修理をするだけでよい場合もあるからです。
交換する場合も新品に交換するのか中古品を使うのかでやはり金額は変わってきますし、板金修理はその時その時で同じような修理をするにしてもかかる費用が変わってしまいます。

例えば、ボンネットを板金修理する場合、かかる費用の相場は4万円前後であると言えます。
ただ、上記でも紹介したように実際の料金は修理工場などによっても大きく変わるため、もっと安くなることもあればもっと高くなってしまうこともあります。
その他の部分の板金修理も、多くの場合は5万円前後に落ち着くことが多く、これが相場と言うことができます。
ですが、板金修理における相場はあくまでも参考程度のものだと認識するのがよいでしょう。

そのため、板金修理をする場合には、まずどのくらいの料金がかかるのかをしっかりと確認しておくことが大切になります。
そうでなければ相場以上の費用がかかってしまったということもあります。
事前に確認しておくことでその修理工場が安く板金修理をしてくれるのかどうかがわかりますし、修理工場によって料金の差が激しいと言ってもやはり相場を知っておくことは役立ちます。
できるだけ安く修理をするためにも、板金修理にかかる費用の相場を把握し、さらに依頼する修理工場を選ぶことがポイントです。

板金修理にはどれくらいの期間がかかるのか

板金修理をしてもらう際、費用はもちろんですが期間についても気になるところです。
修理の内容によってもかかる期間は変わってくるのですが、目安としては1週間はかかると考えておくとよいでしょう。
なぜ1週間が目安になるのかというと、塗装が完全に固まるまでには1週間は必要とされているからです。
そのため、どんなに急いだとしても塗装が固まるまで待たなくてはいけないため、最短で1週間という考え方ができるのです。
大掛かりな修理となれば2週間、3週間という期間が必要になる場合もあるでしょう。

ですが、実際には1週間よりも早く修理を済ませてくれる修理工場もあります。
これは依頼する私達にとっては大きなメリットと言えるのですが、こうした場合には気を付けなければならないこともあります。
さきほど紹介したように、1週間が目安になるのは塗装が固まるまでに時間が必要だからです。
1週間よりも早く修理が終わるということは、塗装が完全に固まっていない可能性があるわけです。
見た目ではわからなくても、後々車に大きな影響を与えてしまうことがあります。
板金修理は早いほうがいいと考えてしまいがちですが、必ずしもそうではないと考えなければいけません。

勿論、1週間という期間もあくまでも目安ですが、しっかりと板金修理をしていても、もっと早い期間で済むこともあります。
ですから、1番大切なことは事前に相手としっかりと話し合いをするということです。
どういった作業が必要で、それにはどのくらいの時間が必要なのか。
具体的にはいつ頃修理が終わるのか、費用について確認することも大切ですが、こうした点についても事前に確認をしておきましょう。
事前に確認することで余計なトラブルを回避することができます。
また、仕上がりを綺麗にしてもらいたい場合はそのことを伝えておくことも大切です。
とにかく急いでいるという状況でなければ、ある程度時間がかかっても丁寧に板金修理をしてもらうよう依頼するのがよいでしょう。
それでも1週間ほどの期間があれば多くの場合は作業も完了しますから、大幅に待たされることにはならないはずです。

板金修理をするために見積もりを依頼する方法とは

板金修理にかかる費用に相場があるといっても、実際には車の状態などによってその費用は大きく変わってきます。
相場がこれくらいだろうと考えていると、思っていた以上に費用がかかってしまったなんてことも珍しくありません。
そこで事前にどのくらいの費用がかかるのかをチェックすることが大切になり、その方法として見積もりを依頼する方法があります。

車を板金修理する場合の見積もりの依頼についてはいくつかの方法が考えられます。
まずは板金修理を依頼する予定の修理工場に直接車を持って行き、見積もりをしてもらう方法です。
その結果、その金額に納得ができればそのまま修理を依頼することになります。
ただ、この方法の場合金額に納得できなかった時に少し面倒です。
他の修理工場を探してより安いところを見つけなければならず、どうしても時間がかかってしまいます。

そこで最近便利だと注目を集めているのがインターネット上の一括見積もりサービスです。
このサービスは複数の修理工場にまとめて見積もりを依頼することができるもので、その中からもっとも安い金額で板金修理をしてくれるところを簡単に探すことができます。
サービス自体の利用は無料ですから、インターネット環境が整ってさえいれば誰でも気軽に利用できます。

具体的な流れとしては、まず車を写真撮影して傷の状態などがわかるようにします。
その写真をはじめとした車の情報を一括見積もりサイトに送信すると、その情報は複数の修理工場にまとめて送られます。
その情報を基にして各修理工場が見積もりをし、その結果が一括見積もりサイトからこちらへと送られてきます。
板金修理を依頼したい工場がその中にあればそのまま依頼するという流れになり、その後は詳しい日時や引取場所などを決めていきます。

修理工場のスタッフと直接話したりすることはないものの、手軽に見積もりを依頼ができるこのサービスは近年多くの方が利用するようになってきています。
修理工場の技術力までは確かめることができませんが、板金修理でも大切な要素の1つである料金を簡単に比較できるというのは大きなメリットでしょう。

板金修理するにはどんな方法があるのか

板金修理をする方法としては大きく分けて修理工場に依頼する方法と、自分で行う方法の2つがあります。
それぞれにメリットや特徴が違いますので、その違いを把握しておくことが大切です。

まず、修理工場に依頼する場合ですが、最大のメリットは仕上がりが美しいことです。
高い技術力を持ったプロが充実した設備を利用して板金修理を進めていくことになりますから、自分でやった場合と比べてその仕上がりには大きな差が出ると言えるでしょう。
ただし、その分費用もかかってしまいます。
費用は車の状態によっても変わり、場合によっては大きな出費になってしまうこともあります。
費用と仕上がりの美しさ、この2つのバランスを見極めることが重要になります。

一方、自分で板金修理をする場合ですが費用については修理工場に依頼するよりも安く済むことが多くなります。
必要な道具はカーショップなどで購入することができ、この時の費用はそれほど高くならないからです。
ですが自分で作業をすることになるので十分な知識が必要になりますし、時間もかかってしまいがちです。
また、カーショップなどで購入した道具は、プロが使用するものよりも品質の面で劣っていると言えますから、どんなに丁寧に作業をしても仕上がりには限界があります。
失敗をしてしまえば結局修理工場に依頼することになってしまい、二度手間になる可能性もあるでしょう。
ただ、簡単な修理であれば自分でも比較的簡単に行えますので、車の状態をしっかり判断することがポイントになります。

こうして比較してみると、仕上がりの美しさを求めるなら修理工場に依頼をし、できるだけ費用を抑えたいのであれば自分で修理することが良いでしょう。
どちらの方法を選択するのがベストなのか、まずはこの点をしっかりと検討してみましょう。
事前に検討することで、無駄なく車の板金修理ができます。

板金修理はディーラーがいいのか

板金修理を依頼する場合、修理工場に直接依頼するのではなく、ディーラーに依頼するという方法もあります。
では、どちらの方法が良いのかという点についてですが、一般的にはディーラーに依頼をすると費用が高くなってしまうとされています。

通常、ディーラーは自分で板金修理をするのではなく、外注の業者に板金修理を依頼します。
この時に中間マージン、いわゆる仲介料が発生することになり、その分が費用に上乗せされるからです。
最終的に修理するのは修理工場なので、そのために仲介料を支払うのであれば、直接修理工場に持っていった方が費用の面で安く済むでしょう。
そのため、依頼しない方が得だと言われることが多いのですが、必ずしもそうではありません。

まず、費用は各修理工場によって大きく違います。
場合によっては仲介料を支払ってでもディーラーに依頼した方が安く済むことがあるかもしれませんし、最近では仲介料の分を値引きしてくれるところもあります。
こうした場合であれば、頼んだ方が手間もかからず楽だと言えます。
また、ディーラー自体に車を板金修理するための設備が整っているのであれば、当然外注をする必要がなくなりますから仲介料そのものが発生しません。

こうしたことを考えると、ディーラーに依頼するのは損だとは一概には言えないのです。
そこで大切になるのが、ディーラーとしっかり話し合いをすることです。
外注をするのなら仲介料はどうなるのか、どのような修理工場に依頼するのか、最終的な費用はどのくらいになるのかなどを事前にチェックしましょう。
このように話し合いをすることで、余計な出費を抑えることが可能になります。
一般的にはディーラーへの依頼はあまりしない方がよいとされていますが、現在ではそうとは限りませんので十分に話しを聞いたうえで自分で判断することが大切になります。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿