事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 未分類
  3. 動かなくなった車を買取や売る方法

動かなくなった車を買取や売る方法

AT車が動かなくなった場合について

愛車が急に動かなくなってしまった、こんな時はいったいどう対処すればよいのでしょうか。
このような万が一の時でも、車が動かない原因として考えられることを、あらかじめ知っておけばあわてずに対処することができます。

AT車の場合、動かない原因の多くはオートマチックトランスミッションにあると言えます。
マニュアル車のように踏むことはないとはいえAT車にもクラッチがあり、徐々に摩耗していくものですし、なんらかの理由によって破損してしまうこともありえます。

クラッチにトラブルがあればギアチェンジ、つまり変速ができなくなってしまうことになります。
変速ができなければ、走ることができませんので、車が動かなくなってしまった場合はこの点を疑う必要があるでしょう。
オートマチックトランスミッションの故障はその場で応急処置をするというのが難しく、基本的な対応としては、修理工場へ持って行き、プロに修理をしてもらうことになります。

また、AT車でよくあるのがチェンジレバーの位置が原因でエンジンがかからないというトラブルです。
AT車はチェンジレバーの位置がPもしくはNになっていなければ、エンジンがかからないようにできています。
これはエンジンがかかっている状態でブレーキを踏んでいないと車が勝手に動き出すという、AT車特有のクリープ現象というものがあります。
レバーがどの位置でも自由にエンジンがかかってしまうと大きな事故につながる原因にもなり危険なので、チェンジレバーの位置がPもしくはNであり、さらにブレーキを踏んでいなければエンジンがかからないような仕組みになっているのです。

ですから当然、チェンジレバーの位置がPかNになっていない状態で、いくらエンジンをかけようとしたところで、車は動かないという訳です。
この場合は故障ではないのですが、チェンジレバーの位置が違う、ブレーキを踏み忘れていたことなどが原因で車が動かないと焦ってしまうことのないように、レバーを確認するというのもトラブル回避の対処の一つです。

車が動かない場合はバッテリーをチェックして対処

動かなくなった車があれば、まずバッテリーの状態をチェックすることが大切です。
これは車が動かなくなってしまう原因の多くはバッテリーの不具合にあるからと言えます。
特にバッテリー上がりの可能性が高く、バッテリーをチェックすることで急なトラブルにも対処できるようになります。

まず、キーを差し込んでエンジンをかけようとしてもかからない場合、ヘッドライトや室内灯を点けてみましょう。
この時、もしヘッドライトや室内灯がいつも通りに点かないということであれば、やはりバッテリーが上がっている可能性が疑われます。
バッテリーは常に充電がされており、通常は電力が不足してしまうことはないのですが、充電される電力量を上回って使用していた場合や、時間の経過によってバッテリーそのものが寿命を迎えてしまった場合などは、バッテリー上がりが起きてしまうことがあります。
もちろん、バッテリーそのものが故障しているという可能性もあります。

このような時は他の車のバッテリーと自分の車を接続することで、車を動かすことが可能になります。
もしバッテリーが原因で車が動かなくなってしまった時は、知り合いの車などを使わせてもらいエンジンをかけましょう。
この時、バッテリーと車をつなぐためにブースターケーブルが必要になります。
日頃から車にブースターケーブルを積んでおくことも、万が一の時には大切なポイントになるわけです。
その後、バッテリーの電力不足が原因なら充電を、寿命による電力不足ならバッテリー本体の交換といった対応をすることでトラブルを解決することができます。

車が動かない場合の原因は

車が動かなくなる原因についてあらかじめ知っておけば、いざという時にも適切な対応をすることができるようになります。
ですから事前に車が動かなくなる原因について色々と知っておくことは大切です。

まずもっとも考えられる原因が前述した通り、バッテリーのトラブルです。
バッテリーの電力が不足している、上がってしまっている、こうした場合で車は動かなくなってしまいます。
この場合はバッテリーを充電したり、バッテリーを交換することで対応が可能になります。

また、エンジンが故障してしまえば当然車は動かなくなってしまいます。
エンジンは車を動かす上でもっとも大切な役割を果たしています。
車の他の部分が問題ない状態でも、エンジンが故障してしまえば車は動かなくなってしまう可能性が高くなります。

当たり前のことですが、ガソリンが不足していても車は動かなくなります。
いわゆるガス欠ですがこの場合、すぐに気付く、もしくは定期的にガソリンを給油しているからそんなことはありえないと考える方も多いかもしれません。
ですが、自分で思っていた以上にガソリンが減っており、そのことに気付いていなければ車が動かなくなってしまうのは可能性として低いものではありません。
車に乗る際には、まずはガソリンが入っているかどうかをチェックする習慣をつけておくといいでしょう。

動かなくなった車を移動させる場合の方法を紹介

走行中など、急なトラブルで車が動かなくなってしまった場合、そのままという訳にはいきません。
とにかく車を安全な場所へと移動させるようにしましょう。
道路の真ん中でそのまま車を放置しておくのは事故につながる恐れもあり危険です。
そのためにも、車を移動させる方法を知っておくのも重要な事です。

もちろん、ドライバーである自分自身も安全な場所へと避難しましょう。
原因を探るのはその後からでも遅くはありません。
安全を確保し、それから対応を考えるようにすることが重要です。

自分で応急処置をすることで車を動かすことができるようなら、自分の運転で修理工場まで持って行けば問題ありませんが、自分では対応ができない場合にはロードサービスを呼ぶなどの対応をする必要が出てきます。

車を移動させる一般的な方法としてはレッカー車による牽引が考えられます。
自分の車は動かないわけですから、他車に引っ張ってもらうわけです。

レッカー車を呼ぶには、JAFをはじめとしたロードサービスに連絡をすることです。
これは誰でも利用できるわけではなく、ロードサービスに加入している必要があります。
電話をすれば、現場までレッカー車がきて、車のタイヤが正常に動くのであれば牽引して移動させます。
この場合、利用の料金は無料になります。

また、ロードサービスに加入していない場合でも保険の加入状態によって、同様にレッカー車を呼ぶことができます。
これは保険会社によっても違いますが、事故や故障に対応してくれるサービスが付いた保険に加入していれば、保険会社が現場までレッカー車を用意し、そのまま移動してくれます。
ただし、移動可能な距離があらかじめ決められている可能性がありますので、その点はしっかりと確認をしておきましょう。

このどちらの方法も使えないという場合には、修理工場に直接依頼する方法もあります。
移動後はその修理工場に修理の依頼をすることが前提となります。
移動だけを考えるのではなく、修理を依頼するつもりの修理工場へ連絡を取ることが大切です。

動かなくなった車はどのように修理すべきか

動かなくなった車を修理するには、大きく分けて2つの選択肢があります。
1つは自分で修理をする方法、そしてもう1つは修理工場など、プロに修理を依頼する方法です。
どちらの方法がよいか、車が動かなくなってしまった原因によっても変わってきます。

たとえば、バッテリー上がり、もしくはバッテリーの故障が原因になっている場合は自分で修理することも可能です。
バッテリー上がりが原因なら充電をすることで再度車を動かすことができるので、一般的な方法としては救護車と呼ばれる車を呼び、救護車のバッテリーと自分の車のバッテリーをつなぎます。
これでバッテリーの充電をすることが可能になり、十分な電力を送ることができれば問題は解決します。

バッテリーが完全に寿命を迎えてしまった場合も新しいバッテリーに交換することで解決が可能です。
このバッテリー交換は自分で行うこともできます。
もちろん、正しい知識が必要になりますが、必ずしもプロに任せなければいけないというわけではありません。

バッテリーが上がってしまった時の対処を紹介しましたが、必ず他の車を用意できるとは限りません。
また、エンジンをはじめとした重要なパーツが故障してまうと、たとえ原因がわかっていても自分で修理できないこともありますし、走行中に急に動かなくなってしまった場合はその場で修理をするわけにもいきません。

こうした場合にはやはり修理工場に持って行き、プロの手で修理をしてもらうべきでしょう。
ある程度の費用が必要になってしまいますが、確実にトラブルを解決することができます。
修理費用が気になるときには、修理の前に見積もりを取りましょう。
数軒の修理工場に見積もりを依頼すれば、費用を比較できます。
特にエンジンの修理では、その内容にもよりますが、多くの費用が掛かる可能性もありますので、修理はしたものの驚くほど高額の請求にならないように、事前に確認することが重要といえます。

動かない車を廃車や処分する場合の流れ

動かない車は修理をして再度乗ることができるようにする方法もありますが、そのまま廃車として処分してしまう方法もあります。
購入から何年も経っていて修理をするなら新車を購入してしまうということも珍しくありません。

廃車にするための流れについては正常な車とほとんど変わりません。
業者へと車を渡し、その後、使用済自動車引取証明書を受け取り、最後の運輸支局で永久抹消登録を行います。
こうした手順を踏むことで廃車処分することが可能です。

しかし車が動かないと、自分で業者へ持っていくことができません。
そのため業者に車を引き取りに来てもらうのですが、この作業には当然お金がかかります。
引取手数料や運搬手数料と呼ばれており、具体的な金額は業者によっても違うのですが、こうした費用がかかるという点が正常な車を廃車にする時との違いと言えます。

また、廃車に必要な手続きを全て業者に代行してもらうことも可能です。
この場合は自分で手続をする必要がありませんので手間もかからず、業者任せにしておけば問題ありません。
自分で手続をする場合は上記でも紹介したように運輸支局に行き、最終的な廃車のための手続きを行うことになります。

注意点としては自動車税や自賠責保険料の還付を受けられることがあり、そのために手続きが必要になるという点です。
手続きをしなければ無駄な税金や保険料を支払うことになりますので、気を付けましょう。

動かなくなった車を買取や売る方法について

動かない車は廃車にしてしまうのが一般的な方法です。
ですが、こうした動かない車を買取してもらったり、売るという選択肢もあります。
正常に走ることができない車を業者は買取するのか、という疑問もあるかもしれませんが、理由を知ればその価値にも気がつけます。

たとえば、エンジンが壊れてしまって動かなくなった車があったとします。
この場合、確かにエンジンはもう使えないため価値がないと言えますが、逆に考えると他の部分については問題がなく、まだまだ使うことができると言えます。
各パーツをそれぞれ個別に利用することもできますし、車全体を大きな金属と考えればやはり価値があるわけです。

廃車を専門に扱っている業者もあります。
こうした業者に依頼することで、たとえ動かない車であっても買取ってもらったり、売ることが可能になります。
もちろん、正常な車を中古車買取店などに売る場合に比べれば、買取価格も決して高いとは言えません。
車を1台売って数万円程度ということもあります。
廃車にするにも費用がかかりますし、そのまま持っていても動かないので乗らないまま放置になるのなら、わずかな額でも売ることができるのは得であると考えられます。

廃車にするのではなく、売ってしまいたいという場合にはこうした廃車買取業者に連絡をしてみましょう。
その後見積りが行われ、金額の提示があります。
その額に納得できればそのまま売ってしまえばいいですし、納得いかなければ他の業者にも見積りを出してもらう選択肢もあります。
現在ではインターネットを利用して複数の業者に一括で見積りを依頼できるサービスもあり、こうしたサービスを活用すればより高く売ることが可能になるでしょう。
色々と調べてみるのも一つの方法です。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿