事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 未分類
  3. 車のバンパーの傷を修理する方法

車のバンパーの傷を修理する方法

車のバンパーのへこみを修理する場合

車をぶつけてしまった、もしくは、ぶつけられてしまった、など車を運転していれば少なからずあるリスクです。
こうしたリスクの中で、最も多いのはバンパーをへこませてしまったというものです。
車のバンパーのへこみを修理するには、大きく分けると2つの方法があります。
1つは、修理工場や板金屋などの店舗に持っていって、プロの手によって修理をしてもらう方法です。
基本的には、修理をしてもらう人が多く、この場合は見積もりをとってもらい、修理費用の提示を受けた後に納得がいけば、契約をして修理をしてもらうことになります。
修理の費用に関しては、ピンからキリまでありますので、一概にどの程度ということは言えません。
また、店舗によっても費用は異なってきますので、懇意にしている修理工場などがあれば格安で引き受けてくれるケースもあります。

もう1つの手段としては、自分で修理する方法です。
バンパーのへこみを修理することは意外と手軽に出来ますので、自分で行う方も多いそうですね。
手順としては、水に濡らした汚れても良いタオルとドライヤー、軍手を用意します。
ドライヤーは専用のものではなく、家庭用で普段使っているもので構いません。
バンパーのへこみ部分の裏、つまり出っ張っている部分に手が回る状況であれば作業ができます。
バンパーを外せるのなら外してしまうと良いですね。
最初にへこんでしまっている部分にドライヤーの風をあてて温めていきます。
表側から風をかけるのなら、裏側が熱くなってくるまで温めて下さい。
充分に温まったら、裏側から手を回して出っ張っている部分を押し込むだけです。
この時火傷をしないように、軍手を使って行うようにして下さい。
バンパーのへこみをうまく戻せたら、表の部分をタオルで冷やして終了です。
最初はうまくいかないことも多いので、何度か繰り返して少しずつ行ってみると良いでしょう。

車のバンパーの割れは修理できるのか

車のバンパーが割れてしまった時の修理としては修理工場やディーラーなどで修理してもらう方法があります。
基本的にディーラーで修理を行うと、修理工場で行うより高額になりがちですが、車種によっては売却時に有利になることもあります。
修理工場での修理に関してはディーラーよりも安価になりますので、修理費用を安価に済まることが可能です。

他にはDIYで修理をする方法があります。
この場合、バンパーを完全に取り外ししてしまわないといけませんので、まったく知識がない場合は難しいかもしれません。
修理の行程としては、FRPで補修を行った後にパテで盛ったり、塗装を行う必要があります。
事前にしっかりとバンパーを洗って、汚れを落としておくと良いでしょう。
車のバンパー修理を行う時に必要になるものは、ホームセンターなどで購入することが可能です。
ポリエステル樹脂やガラス繊維、硬化剤、はけなどを揃えておくと良いでしょう。

手順は、紙コップにポリエステル樹脂と硬化剤を100対1の割合で混ぜ合わせておきます。
ムラなく混ぜた後は、バンパーの裏側から傷口を埋めるようにして塗っていきましょう。
次にガラス繊維をバンパーの破損箇所にあてがって、ガラス繊維にポリエステル樹脂と硬化剤を混ぜたものを、しっかりと染みこませていきます。
これを修理箇所に複数回行うことによって、強度を上げることが可能です。
一晩ほど放置するとしっかりと固まりますので、固まった後は表側からパテ埋めを行ったり、塗装をしていき終了します。
行程的にはさほど難しくはありませんが、実際の修理を行うとなると、それなりのスペースや時間が必要になるので理解しておいて下さい。

バンパーの傷を修理する方法

車のバンパーは、本人が気がつかないうちに傷がついていることも少なくありません。
ちょっとしたことでも傷がついてしまうと、見映えが悪くなってしまうので修理したいという人も多いですよね。

車のバンパーの傷は修理工場やディーラー、板金屋などで修理をしてもらうことできれいに修復してもらうことが可能です。
基本的には、修理工場やディーラーなどに車を持っていって、実際に修理をする箇所を見てもらって、このくらいの費用がかかりますという見積もりを出してもらいます。
その後、見積もりで納得がいけば車を預けて修理するのですが、費用的には高額になることもあります。
修理する傷の大きさ、場所、などによって費用は異なるので、見積もりが重要になるのです。
何か所かに見積もりをしてもらうのもお勧めです。

費用が安くすむので、DIYをして自分で修理する人が多いようです
車のバンパーの傷を修理については様々な道具が販売されているので、店員さんに確認しながら購入すると良いでしょう。
修理には、傷ついた場所を滑らかにしていくことが必要です。
ささくれだった傷の場合は、カッターを使ってこそぎ取っていきましょう。
大まかに綺麗にした後は、やすりをかけて平面にしていきます。
最初はやすりがけをした時には、不安になってしまうものですが、割り切ってしっかりとやすりがけをして下さい。
このやすりがけはある意味最も重要な行程となりますので、時間をかけて丁寧に行うと良いですね。
やすりがけを終えたら、水でしっかりと汚れを落としていきます。
洗った後は水気をしっかりとふきとって、油脂分を取り除いてからよく乾燥させておきましょう。
乾燥したらパテ塗りで、バンパーの傷口を埋めます。
埋めた傷口に、最後に塗装をして終了です。

見た目のきれいさはやはり本職にかなうものはないかもしれません。
ですがちょっとしたキズを目立たなくする方法としては有効的だといえます。

車のバンパーを修理する時の修理代や修理費はどのくらいかかるのか

車のバンパーが傷ついてしまった時には、修理をする人がほとんどです。
この車のバンパーの修理費用ですが、実は一概には言えません。
何故、修理費用が上下するのかと言うと、様々な要因が重なってくるからです。

例えば、国産車と外車といったことでも異なってきます。
どちらがより高額なのかと言えば外車の方が高額です。
外車の場合は、国内にパーツがないケースがあり、国外からパーツを取り寄せる必要がある為、高額になりがちなのです。

バンパーの修理をする内容、箇所、大きさなどでも大きく価格が変わってきます。
当然ですが、修理箇所が小さい方が修理費用はかかりません。

また、どこで修理をするのかも修理費用には重要な問題です。
ディーラーなど新車を購入したところに車を持ち込むのか、街の修理工場や板金塗装をしてくれるところに持ち込むのかでも異なってきます。
一般的にディーラーに持ち込んだ方が、高額になる場合が多いですね。
懇意にしている修理工場などがあるのなら、少しくらいの修理なら割安で行ってくれることもあるそうです。
基本的に車のバンパーの修理を行う時は、上でも書いたようにその内容に大きく価格が異なってきますので、見積もりをとらずにいきなり修理を依頼してしまって、後から修理費用を聞いて驚いたというケースもあります。
つまり、最初はしっかりと見積もりをもらってから修理をお願いするのが重要です。

最も安価で修理を済ませたいのなら、自分で修理する方法があります。
かかるのは修理に必要となる道具の費用だけですので、かなり安価に修理をすることが可能です。
ただし、まったく車の知識がない方が修理をするのは大変ですし、仕上がりがきれいにできる保証もありませんので、その点だけはしっかりと頭に入れておいた方が良いでしょう。
自分で修理をする場合は、時間をかけてコツコツと行っていき、失敗したとしてもやり直し出来るのがメリットです。

車のバンパーの修理とボディ修理、値段や費用はどちらが高い?

バンパーの修理費用は、他のボディパーツと比較をすると、一概には言いにくいですが安価にすむ場合が多いですね。
これはボディパーツのどこを修理するのかによっても、その費用が異なってくるのでなかなか難しいのですが、一般的に考えるとバンパーは修理他に比べて安くつくことが多いです。
ただし、上でも書いたように修理をする箇所や修理内容によっては、バンパーの修理費用の方が高くつくこともありますので、注意しておきましょう。
バンパーの修理にしても、外車の場合などは特にパーツがなければ、海外から取り寄せをする必要が出てきます。
この場合は、かなり高額の修理費用が必要になるので、ボディパーツよりも高くつくことがあります。

一般的に車のボディの修理費用に関しては、その修復箇所によっては金額がかなり跳ね上がることがあります。
ドアの修理にしても丸ごと1枚交換になってしまうケースもありますし、ドアだけではなく別の部分も修理しないといけなくなるようなケースがあるからです。
反対に、小さな修理程度であれば、比較的に安価で済むこともあり、これはバンパーの修理に関しても同様のことが言えます。

他にも、修理の方法としては中古のバンパーに交換するといった方法もありますが、費用的には修理をするよりも安価に済ませることが出来る可能性もありますので、費用を抑えたいのならどんな修理を行えるのかを知っておくことも重要だと言えます。
バンパーの修理に関しては、少しくらいの傷なら自分で修理をすることも可能ですので、そうした方法を採ることによって費用を安価に済ませることも可能です。
選択肢が多くなればなるほど、修理に持ち込んで見積もりをしてもらった額よりも安価に済ませることが出来ますので、覚えておくと良いですね。

車のバンパーを交換する時の注意点

車のバンパーを交換する時の注意点として最も代表的なものは、きちんと車のボディカラーにあわせたものを選ぶことです。
特に自分で交換を行う時には、この色をあわせることは非常に大切になってきます。
同じような色であっても、少し色が違うだけで車の印象というのは大きく異なってくることがあるからです。
修理工場やディーラーなどに修理を任せた時には、そのような細かい点に注意する必要はありません。
しかし、自分で交換をするのなら最も注意しておくべき点ですね。
交換するバンパーを用意する時には、きちんと自分の車にあわせて修理を行っていくべきです。

良く晴れた日の日中に行うことで、微妙な色の違いなどもしっかりと判別することが出来ますので、バンパーの修理交換を行うなら雨の日や曇っている日、夕方などは避けておいた方が良いでしょう。
もう1つ注意すべきこととしては、バンパーの取り外しです。
慣れている人なら問題はありませんが、初めて行う人の場合は力のかけ具合を間違ってしまうと、バンパーをはめる時にうまく出来なくいことも注意すべきポイントです。
上手にはまらず、バンパーとボディ部分の間が大きく広がってしまうと、かなり目立つこともあるので、交換をする時には慎重に行っていくようにして下さい。
また、バンパー交換をする時に、隣接するボディに引っかけてしまって傷を作ることがあります。
こうした傷を防ぐためにもマスキングテープなどを利用して、あらかじめ引っかけても大丈夫なように養生しておくと良いでしょう。

修理工場などに持ち込む時の注意点としては、必ず見積もりを取ることです。
車のバンパーを修理交換するとしても、場合によっては高額になることもあるので、事前にどの程度の修理費用がかかるのか確認しておかないと、実際の修理費用を見た時に困ることがあるからです。

車のバンパーを修理しないで交換する場合の程度とは

車のバンパーの修理を大きく分けると、傷がついた部分やへこんだ部分を修理する方法とバンパーを交換してしまう方法があります。
この修理と交換を分ける線引きはバンパーについた傷の大きさと箇所で変わるということでしょう。
傷が大きくて、バンパーが割れてしまっているケースでは、修理よりも交換した方が安くつくこともありますし、傷が小さく、少しへこんでいる程度だと、わざわざ交換する必要もないと言えます。
単純に自分が修理よりも交換をしたいといった時には、傷の大小に関わりはないでしょうが、費用としては高い可能性もあります。

修理か交換かというのは、車のバンパーを修理しようと持ち込んだ修理工場やディーラーなどで、判断をしていくことが一般的です。
最も現実的なケースは、修理だと幾ら、交換だと幾らと費用を提示されて、どちらかを選択するものです。
また、修理工場によっては新品のバンパーではなく、中古品のバンパーと交換してくれるといったケースもあります。
この場合、当然ですが新品のバンパーよりも安価な費用でバンパーを交換することが可能です。
いずれの方法を選ぶのかはユーザー次第になりますので、修理費用や修理、交換後の見た目なども考慮して選択していくことになります。

仮に交通事故などに巻き込まれてしまったというケースでは、基本的にディーラーでの判断に任せることになるそうです。
ディーラーが損傷状況を見て、修理と判断すれば修理で対応することになりますし、交換と判断すれば交換となるので、ユーザーが選択をすることはないとされています。
ただし、保険会社の方で見積もりをとって安価に済ませる方になるといったこともあるので、一概には言えない部分があるようですね。
様々なケースがあるので、その都度の状況で判断していくことが一般的だと言えるでしょう。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿