事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 未分類
  3. 車のフロントガラスの修理代の相場

車のフロントガラスの修理代の相場

車のフロントガラス修理はどのくらいの価格か

車のフロントガラスはちょっとしたことでも傷ついてしまいます。
自分でぶつけてしまったというケースもあれば、高速道路などを走っていて、飛び石で傷ついてしまうこともあるようです。
この場合、小さな傷だったので放置をするといった人も少なくありません。
しかし、放置していることで、傷が広がってしまって大きな亀裂になってしまうこともあるのです。
これはフロントガラスは気温や車内のエアコン、走行時の衝撃や風圧など様々な要因に影響を受けるからですね。
ガラスと言いますと、伸びたり縮んだりしないというイメージを持っている人も少なくありませんが、実は上で書いたように多くのことが要因となって収縮や拡大を繰り返しています。
結果、フロントガラスについた傷も伸びて大きくなってしまうのです。
一昔前のガラスと比較すれば、現在のフロントガラスは丈夫な構造になってはいますが、ガラスであるだけに傷つきやすいのは致し方ないものと判断しておきましょう。

フロントガラスの修理にかかる費用は、ピンからキリまで様々です。
これは自動車の車種により、フロントガラスに使われている材質や形も違っているからです。
また費用には、修理の必要な傷がどの程度のものかというのも関係してきます。
例えば、フロントガラスの一部分が傷ついてしまったケースと、何かにぶつけてしまって大きく傷がついてしまったケースでは大きく修理内容が異なるからです。
前者の場合ではリペアと言って、修理をするだけでも充分に対応することができるケースがあります。
目安としては500円玉くらいのサイズとされており、その程度の大きさなら修理工場などを使わずにリペアキットなどを使って、自分で修理することも可能です。
リペア程度であれば、専門の業者に頼んでも驚くほどの高額の費用の請求にはならないでしょう。
フロントガラスを交換するのと比較すれば、安価に済むことがほとんどです。

ただし、リペアの場合では補修をした後、補修痕が残ってしまいます。
補修痕は、専門の業者に頼んでも必ず残ってしまい、リペア箇所も経年劣化してしまうので、これはリペアのデメリットだと言えます。
他にも、リペアをすればフロントガラスそのものの強度も下がるのを覚えておきましょう。

また、傷の場所によって小さな傷でもリペアができない部分があるそうです。
これはガラスのふちに近いものが該当します。
ふちに近いことで専用のリペア用の道具を使用することができないからです。
リペアしたくてもできない場所があることをしっかりと覚えておきましょう。
同時に掛けたりえぐれたりした傷もリペアは不可能です。
小さい傷だからなんでもリペアができるというものではないのですね。

ぶつけてしまったときにできたような大きな傷では、前方が見えなくなってしまうケースがあります。
それでは運転することさえも危険ですので、修理工場やディーラーなどに連絡をして引き取りにきてもらい修理をすることとなります。
この場合は、フロントガラスの実費に工賃も加算されたものが修理費用として請求されますので、費用は高額になるのがほとんどです。

いずれの方法を採るのかはユーザー次第ですので、メリット・デメリットを考慮し、自分にとって良い方法を選択するようにして下さい。
基本的に修理費用に関しては、上でもあげたように一概に考えるのは難しいのですが、リペア、社外品や中古のフロントガラスに交換、新品の正規フロントガラスに交換の順で考えておくのが一般的です。
決して安い物ではないパーツですし、車を運転するのにも大事な部分ですので、安易に決めてしまうことだけはないようにしたいですね。

車のフロントガラスの傷の交換修理の注意点

車のフロントガラスの修理を考えるときに、注意して欲しいことの最も代表的なものは、フロントガラスに傷がついてしまったらなるべく早めに修理をするということです。
これはフロントガラスについた傷は気温などの変化によって、大きくなることがあるからです。
小さな傷であれば、修理費用も思ったほどかからなかったのに、つい修理を後回しにしてしまったことで傷が大きくなり、修理費用がかさんでしまうというケースも少なくありません。
特に冬になると、朝起きた時にフロントガラスが凍ってしまっていたり、霜がついていることも多いものです。
その時に、お湯をかけて霜とりをしたら、傷が大きくなったというケースは珍しい話ではありませんので、他人の事とは考えず、しっかりと知っておいてほしいことです。

特にフロントガラスのフチ、つまり車のボディと接着されている部分は収縮と膨張の影響が出やすい箇所だと言えます。
ここに傷ができてしまったら早めに修理をしないと、放っておくだけで傷が大きくなる可能性が高いです。
車内のエアコンや運転中の振動でも影響を受けやすい箇所でもあるので、あわせて覚えておいた方が良いでしょう。

別の注意点としては、傷を受けた中心部分である衝撃点をしっかりとカバーしておくことです。
傷の中心部というのは、最も傷が深い場所といえます。
そこから埃やゴミなどが侵入してしまうと、リペアをする時に邪魔になってしまい、思わぬ修理費用が加算することがあります。

小さな傷に関しては自分でリペアをするといった人もいらっしゃいますが、きちんと修理が出来なければ逆効果となります。
特にフロントガラスの傷は車検を通す時にも重要な項目で、1センチ以上の傷がある場合は整備不良と判断され、車検に通りません。
ですので車検を受けるにはフロントガラスの修理や交換は、必須であると考えて良いでしょう。
またリペア後の箇所は劣化、変色などを起こしやすくなるので、修理したからと安心せず、状態に注意して確認するようにしましょう。

このように車のフロントガラスを修理する時、多くの場合はまずリペアをすることになります。
リペアとは簡単に書くと傷ついてしまったフロントガラスをレジンを使って修復することです。
ただし、リペアにも限界があり、すべての場合で使える方法ではありません。
基本的に500円玉をあててみて隠れる範囲であるという基準で判断することが多いようです。
当然、修理をする工場や業者によっても判断が異なってくるのですが、一般的にあまりに大きな傷になっていたり、2重構造になっている内側の層まで傷が達している時は、リペアなどの修理ではなく交換対象となり、その時は選択の余地がないと言えます。
また、傷がある位置によって、修理をする時に専門の道具が使えないこともあり、その場合も修理は不可能です。
交換ではなく、修理をしたいと希望していたとしても傷の大きさや、場所によっては修理出来ないこともあることは覚えておいて下さい。

仮に修理が可能だとしても、修理痕と呼ばれる修理をした時の痕が残ってしまうことが多いのも忘れてはいけません。
修理道具を使って車を修理をする時にはどうしても残ってしまうもので、あまり目立たないこともありますが、程度によっては見た目にわかるほどに目立つこともあります。
また、修理を行った後のフロントガラスは、全体的な強度が下がってしまうことも、あわせて覚えておきましょう。
フロントガラスの交換となると、どうしても高額な費用になりがちですので、修理で済ませたい人も多いでしょう。
しかし、どんな傷でも修理出来るのではないこと、修理をしたとしても修理痕や強度の面などのデメリットがあることは忘れないで下さい。

リペア出来ないような傷がついてしまった時には、フロントガラスを交換する必要が出てきます。
最近では、フロントガラスをまず修理するのではなく、さっさと交換してしまう人も多いようです。
その理由として、フロントガラスにも様々な素材の物があり、純正品よりも安価な価格で、紫外線や赤外線をカットする機能を持ったガラスなどが出ているからですね。
こういったフロントガラスを利用することで車内エアコンの効きを良くするだけではなく、断熱効果や車内のぼかし機能、日焼け防止機能などを期待することも出来ます。
もちろん費用的には、修理に比べて高額になるので忘れないようにしましょう。

社外品ではなくメーカー正規品のフロントガラスに交換するためには、ディーラーに持ち込む、もしくはディーラーと提携している修理工場への持ち込みが必要です。
これは今まで使っていたものと変わらないものに交換が可能なので、なにも違和感なく使用することができるメリットがあります。
しかし、正規品のフロントガラスと交換することになるので、価格的には比較的高額となります。
また、あまりに古い車種ではガラスの色や素材など、全く同じものはない可能性もあります。
古いからこその味わい深さやこだわりの部分は失われることもあるかもしれません。
そういったデメリットはないとは言い切れないので、注意が必要です。

中古のフロントガラスや社外品のフロントガラスを利用しての修理なら、フロントガラス専門で修理を行っている業者に依頼することで、交換することが出来ます。
メリットとしては、正規品の新品よりは安価で交換できること、正規品のフロントガラスにはないような機能がついたガラスを利用できることにあります。
フロントガラスは使われているガラスの素材によって様々な特徴を持っており、社外品のものでも優れた効果のあるガラスが沢山販売されているのです。
勿論、社外品であってもきちんと車検の条件を満たすものですので、使用することで車検に通らないといったことはありません。
また、壊れていないガラスを高機能ガラスに交換する人もいるので、そういった中古品を扱う業者も中にはあり、そういった場合には正規品の中古品に変えることもできるようです。
これは業者によって扱いが違うので、事前に確認が必要といえます。

交換の際の注意点として、社外品は正規品と比較すると前方の見え方が異なってくるケースもありますし、見た目に少し違和感が出るようなケースもあるそうです。
さらに一部の車種に関しては、社外品や中古のフロントガラスを使っていることで、修理した車を売却する時の査定で不利になることもあるので覚えておきましょう。

さらに車検対応の海外製の輸入ガラスなどを取り扱っている業者もあるので、一概にフロントガラスの交換が高額であるとは言い切れません。
それでも価格的には修理の方が安くつくことが多いので、修理費用やガラスの品質なども考慮しておきたいですね。
どのようなガラスを取り扱っているのかは業者によって異なりますので、業者で修理をするにしても、交換をするにしても、先ずは事前に確認するようにして下さい。

このように費用だけではないメリット・デメリットが修理や交換には大きく関係してきますので、自分のカーライフにあわせた方法を選択することが重要です。
特に、フロントガラス交換となれば決しては安いものではありませんので、一時の考えで決めてしまって後で後悔しないように、修理の方法や交換をする時のメリットとデメリットをしっかりと把握しておきましょう。
フロントガラスは一般的なガラスと比較すると、丈夫な構造で作られてはいますが、ガラスはガラスです。
また、車の中でも特に傷つきやすい場所といえます。
ちょっとしたことでも傷がついてしまうものですので、充分に気をつけていたとしても、不可抗力でヒビが入ることも珍しくはありません。
そうした時の為に、注意点は特に頭に入れておいた方が良いでしょう。

修理と交換のメリットやデメリットをまとめると、修理には傷のリペアをするのと同時に修理痕が残ることがある点、その代わりに費用的には安価で済むということがあります。
しかし、修理をしてしまうことで全体的な強度は下がってしまいますし、劣化を早めることにも繋がります。
フロントガラスの強度もリペア時には下がってしまうこともあわせて覚えておくと良いでしょう。
交換ですと、費用的には高額になりますが、修理痕などは残らず、きれいなフロントガラスに変えることが可能です。
修理と交換がどちらがいいケースなのか解らなければ、専門業者に聞いてみるのが最も手っ取り早い方法です。
見積もりなどで実際にかかる金額もその時に確認することができます。
それから判断するというのも得策です。
もうすぐ乗り換える、次の車検まで保てば良いのなら、一時しのぎに自分で修理をするのも1つの方法です。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿