事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 未分類
  3. 故障車を牽引する時のポイント

故障車を牽引する時のポイント

車が故障になった時に牽引するコツについて

もし車を運転中に故障などにより立ち往生した場合、近くの自動車工場か自宅まで運ぶ事になるのですが、その際には他の車に牽引してもらうことで場所を移動することが必要になります。
自動車で自動車を引っ張ることはなかなか難しいもので、事前に安全性を確保するためにポイントを抑えておく必要があるのですが、牽引するにあたりどのようなコツがあるか知っておくと良いでしょう。

まず故障車のエンジンが作動する場合には掛けてから引っ張ることになります。
自動車はエンジンをかけないと操舵を補助するパワーステアリングが機能しないことからハンドルが非常に重くなりますので、直線ならまだ良いのですが曲がり角に差し掛かると操舵しにくく危険が生じる可能性があります。
またエンジンをかけていないとブレーキにも影響が出てしまい、ブレーキの効きが悪くなる現象もありますので、こうした危険を避けるためにまずは故障車のエンジンを掛けて移動することがコツとして挙げられます。

走行中のコツとしては、先行で走る車は自分の車体だけでなく2台分の長さがあることを前提に車間距離や速度を一定に守りつつ走る必要があり、また牽引される故障車は交通状況や信号に気をつけつつ、ブレーキを掛けてロープがたるまないように走ることが大切になります。
ただいずれにせよ車を引っ張ることは非常に難しいので、できれば友人の伝を頼り牽引の経験がある方に現場まで来てもらい救援を頼んだ方がよいでしょう。

また以前より自動車の性能が向上してきているので、故障することが少なくなったのですが、万が一にも動かなくなった場合
一般的な対応としてはご自身で加入している自動車保険に連絡を入れることになり、近隣にある提携工場から作業車が現場に駆けつけその場で修理をしたり、工場まで運んだりすることになります。

保険のロードサービスは便利ですが、その一方で場所により時間が掛かることもありますし、翌日の対応となる場合は不安な一夜を明かすことにもなりかねず、そうした時には知り合いに連絡を入れて故障車を牽引で移動させる選択肢についても考えることになります。
ただ一つ気になるのは、車を引っ張るには免許が必要なのではという心配で、確かに運転免許の中には牽引免許と呼ばれる種類があり、これは業務用のトレーラーだけでなく個人の方がキャンピングトレーラーを引っ張り運転する際にも必要になります。
となれば無免の状態で自動車を引っ張れば違反に問われることになるのですが、実はこの点について道路交通法では故障車などやむをえない場合に限り牽引することが認められていますので、法律の面ではしっかりクリアされています。
ただし故障車を牽引する際には5m以上の安全な間隔でロープを繋いだ上で、ロープに白い布(0.3m平方以上)を結びつける必要がありますので、このあたりの細かな点についてもクリアさせておく必要があります。

故障車を牽引する方法については、車の操作は慣れてくると造作もないことですが、教習所では必ずしも全てのケースにおける車の操作方法を学ぶわけではなく、特に故障車の牽引など緊急時の操作方法については学ぶことがありません。
そのため車工場の関係者の方でもなければ大抵は未経験となるのですが、まず始めに行うのは道具の準備で、車を引っ張る際にはカーショップなどで販売している専用のロープとハンカチほどの白い布を用意することになります。
車内の格納場所にロープや工具がしまわれている場合もありますので、装備があればそちらを使うことになります。

この際に専用のロープを準備せず強度が低いロープを使うと事故を引き起こす原因になりかねませんのでご注意ください。
工具がある場合はジャッキハンドルバーとアイボルトを取り出し、ジャッキハンドルバーの先端でリッドを開き、アイボルトをしっかり締めつけてからジャッキハンドルバーにかけてより確実に締めます。

ここまでの準備が完了したら、故障車を牽引することになるのですが、その際の方法としてまずはエンジンを掛けてギアをニュートラルに入れて、エンジンスイッチはIかIIにしておきます。
スピードは車種により異なりますのでいずれも遵守し、ロープがたるまないように故障車のドライバーがスピードの調整を行い、また引っ張る方の車は衝撃が生じないような運転を心がけて車体やバンパーが変形しないよう気をつけましょう。

また気をつけなければいけないのが、故障車を牽引する場合の走行する速度についてですが
車を運転する際にはスピードを守ることが大切で、それは単に警察の取締りを免れるためではなく、安全に走行するために重要なのです。
通常はそれぞれ道路の最高速度を確認するために、近辺に設置されている速度制限標識や路面にペイントされた道路標示で確認することになるのですが、必ずしもその表示が適用されるわけではなく最高速度は車両の種類により異なことをご存知でしょうか

例えば原付(50cc)の場合は30km/hまで規則はよく知られたところですが、それ以外にも一般道では自動車や自動二輪は60km/hまで、緊急自動車は80km/hまで、さらに特例として故障車を牽引する場合のスピードについても法律により決まりがあるのです。
故障車の牽引は技術的にも難しいものがあり、自動車工場の方などプロが運転する際にも緊張が強いられるといいますから、安全を維持して走行するためには通常の車より遅く走る必要があるのです。

では具体的にどれくらいのスピードで走行すればよいのでしょうかと言うと、まず車両総重量が2000kg以下の故障車をその3倍以上の車両総重量の車で引っ張る場合は40km/hが最高となり、上記より下で下記以外の場合にスピードは30km/hが最高になり、また普通自動二輪車や原動機付自転車で125cc以下の車の場合は20km/hが最高となります。
このように故障車を牽引する際には細かく最高速度に決まりがありますので、いずれもオーバーすることが無いよう気をつけましょう。

車の牽引方法について学んでおきましょう

ここまで牽引についてご紹介してきましたが、自動車免許を取得する際には教習所で一通りのことについて学び、通常の操作をする範囲であれば問題は無いのですが、故障車の牽引方法などややイレギュラーな事柄に関しては教習科目として含まれておらず、免許を持つ方のほとんどが経験もなくやり方を知らない実態があります。
しかしいざ車が動かなくなった際には必ずしも近隣の工場までレッカーを頼める訳ではなく、自身で運ぶ必要が生じる場合もありますので、故障車の牽引方法については学んでおく必要があります。

まず大型のキャンピングトレーラーなどの購入予定がありしっかりと学びたい方であれば、自動車教習所で牽引免許の取得をすると良いでしょう。
車を引っ張る場合、故障車であれば免許は不要ですがそれ以外の車両を引っ張る場合は全てで免許が必要になりますので、技術や法令なども含めしっかりと学んでおくと良いでしょう。

またトレーラー等の購入予定があるわけでなく、あくまで故障車など緊急時に対応できるために学習したい場合には、技術を体系的に学べる場はほとんどありません。
まだ普通免許を取得する途中で自動車学校に通っている方であれば学校に指導をお願いするのも一つの手となり、教習外で少なからぬ費用がかかる場合もありますが学習できるチャンスがあればしっかり学んでおくとよいです。
すでに免許をお持ちの方の場合は、お持ちの車のディーラーやメンテナンスをお願いしている工場で牽引方法を聞いたり、一部のアウトドアスクールなどで講義を実施している場合もあります。

上手な故障車を牽引する方法についてですが、車は案外ともろいもので木の枝が当たるだけでも表面にはうっすらと痕跡が残るのですが、故障車を牽引する際にも同様に傷が付く恐れがありますので上手に移動させる必要があります。
では故障車を上手に牽引するためにはどのような方法で行えば良いのでしょうか、まずはじめにポイントとなるのはロープ選びで、中には丈夫であろうと自宅にある金属チェーンを利用するケースがあります。
しかし金属チェーンを利用した場合はバンパーに傷が付くことになり、衝撃が大きいとバンパーが破断する恐れもありますのでお薦めできません。
一方でカーショップなどで販売されている専用のロープの場合は、周囲に布が張られているなど車体への影響を考えた造りになっていますので、そうした製品を利用した方がよいです。

続いて上手に故障車を牽引する方法としてポイントになるのは、引っ張られる側の車に熟練ドライバーを配置する点が挙げられます。
実は車を引っ張る場合は故障車側のほうに難易度の高い運転が求められることになり、前方の車との距離感を維持してロープがたるまないように気をつけ、それに加えて車の流れや信号など周囲の状況にすぐ反応して車を操作する必要があるのです。
また引っ張られている車はブレーキが掛かりにくいことや、ハンドルが効きにくいこともありますので、いずれもしっかり対応するには熟練ドライバーに運転を任せることが上手に牽引するための方法として重要になるのです。

故障車両を牽引する場合の注意点とアドバイス

以前より異常気象が問題となる中で、夏場には前が見えなくなるほどの大雨で車を運転しづらかったり、また冬場には想定外の大雪で長い期間に渡り道がすべることもあります。
周囲の環境が悪くなかでは車の操作は非常に難しいのですが、そうした状況下では故障して立ち往生する車も多く、故障車両を牽引する際には加重で事故を起こさぬよう様々な注意点があります。

まず始めに注意点となるのはロープの接続で、故障車両と牽引車の間は事故を防ぐために一定の間隔をあけることになるのですが、その際のアドバイスとしては長さにしておよそ5m以内に収めることが安全性を確保するためのポイントとなります。
また車2台とロープの間隔を含めた総延長については25m以内に収めることも重要なのですが、この点についてはあまり知られておりません。
ロープを結ぶ際のアドバイスとしては車間が近いと怖いような気もしますが、必要以上に車間をあけることがないよう気をつけましょう。

続いて故障車両を牽引する際の注意点としては、特に寒い時期に引っ張る場合でエンジンが動かないケースではフロントガラスが曇りやすくなります。
外は極寒の寒さである一方で車内には人間がいることから曇りやすいのですが、このままでは運転に支障をきたすことになりますので曇りを取る必要があります。
とはいえエンジンが動かない時点で曇りを取ることは難しくなりますので、アドバイスとしては寒い中でも窓を開けて走行することで曇りを抑えることができるので、到着まで少々我慢をしましょう。

故障車を牽引する時の牽引布に関して

故障車の牽引には様々な規則があり、安全に走らせるためにも全てを遵守したいところですが、車体に取り付けるロープには細かい規則は無いものの牽引布に関しては取り付けなければならない決まりがあることをご存知でしょうか。

これはトレーラーが電柱など車体より長い物体を運搬する際に、その先端に取り付ける赤い布と同じような性質を持つもので、走行に際して周囲のドライバーに認知させて安全性を確保するための布となります。
車体からはみ出た物体は後続の車から見たときに視認されないことが多くありますので、出っ張っている部分を判別しやすいように布を取り付けるのですが、一方で故障車を引っ張る場合は前方にロープで結び付けられた車がいますので、とりたてて後続の車が追突する危険要因は無いのですが、なぜ牽引布を取り付ける必要があるのでしょうか。

この故障車に取り付けるロープは通常5m以内の長さになるよう結びつけ、走行する際にはロープがたるまないように調整するため常に2台の車両は5mの間隔を保持することになります。
そうした時に周囲の自動車やバイクはとなりの車線から入り込めるとスペースがあると勘違いする恐れがあり、ロープが張られているところに割り込めば重大事故を引き起こす可能性があるのです。
牽引布はこうした理由で取り付けることになり、また取り付けに際しては色は白色で30cm以上の長さがある布を選ぶ必要があります。
一般的なハンカチでは丈が足りない可能性もありますのでご注意ください。

故障車を牽引するには免許は必要なのでしょうか

車の運転を行う際には車種により求められる免許証が異なり、セダンなどの普通自動車が運転できる普通の場合は車両総重量が5000kg未満で最大積載量は3000kg未満となり乗車定員は10人以下と定められています。
またそれ以外では大型自動車・中型自動車・大型特殊自動車・大型自動二輪車・普通自動二輪車・小型特殊自動車・原動機付自転車などの区分があり、いくつかの区分を含んで複数の車種を運転できる場合もあれば、運転するために改めて教習所に通い試験を受けることになるのです。

ではその一方で故障車を牽引する場合には必要になる免許はあるのでしょうか。
そもそも別の車両を引っ張る場合には牽引免許が必要になり、身近なところではキャンピングトレーラーや水上バイクを引っ張る際に、750kgを超えて牽引装置を有している場合にライセンスの取得が必要になります。
また個人の利用だけでなくレッカー車などのように業務として自動車をロープやクレーンなどで引っ張る場合にもまた必須となります。

しかし道路交通法を見たときにこの規定には例外があり、故障車など特段の理由がある場合のみ車で引っ張ることが可能とされており、このケースは牽引免許を所持していなくても取締りの対象にはならないのです。
ただ故障車であればライセンスが不要だからと気軽にできるものではありません。
自動車は重量が重く車体も大きいものですから、十分に注意を払い慎重に移動させる必要があります。

故障車を牽引する時には高速を走行することはできるのか

近年では休日に安・近・短をキーワードにした旅行を行う方が多く増え、景気の循環が思うように進まない中でも賢く休日を楽しむことができる方法として広く知られています。
これは費用が安く・距離が近く・日程が短いというキーワードそれぞれから一文字ずつ取ったもので、どこか遠くまで時間や費用を賭けて出かけるのではなく、小旅行や日帰りで楽しむレジャーを指しているのですが、そうしたレジャーの楽しい一時も車が故障するとスケジュールに大きな影響を与えることになります。

仲間内で自動車数台で旅行に出かけているのであれば、故障車を仲間の車両が牽引することで近隣の工場まで手早く運ぶことができるのですが、高速道路を利用した遠出の場合に牽引した故障車を走行させることは出来るのでしょうか。

まず高速道路とは高速自動車国道と自動車専用道路の2種類があり、一般道とは異なる自動車の専用道路となります。
車種により違いはあるものの最高の速度が100km/hの場合は最低速度50km/hという決まりがあり、最高の速度が80km/hの場合は最低速度50km/hとなります。
この速度制限がある時点でお気づきの方も多いと思われますが、故障車の牽引に際しては出せる速度が低く抑えられていますので、高速上は牽引しての走行ができない規則になっているのです。

つまり移動に際しては一般道を使うことになるのですが、信号や曲がり角が多い中では事故を起こす可能性もあり、長距離の走行の場合はレッカーなどを利用した方が安全です。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿