事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 未分類
  3. 故障車を買い取る際の注意点

故障車を買い取る際の注意点

バイクの故障車を買取してもらう場合の注意点

バイクは身近な日常の脚として利用する方も非常に多く、まだ自動車の免許を取れない早い時期から原付の免許を取得し乗り回していた方も多いのではないでしょうか。
ただ二輪は便利な一方でデメリットもあり、少し転倒させただけでもすぐ外装が壊れ、また事故を起こせば破損の程度が大きくなりやすく故障車になることもあります。
そうなればあとはもう処分するしかないのですが、バイクの故障車を買取に出すことはできるのでしょうか。

一般的に故障した車体の場合は、買取にはだせないと考えられているのですが、実は買取店に持ち込むとゼロ査定にならず意外と高額な査定結果を提示されることがあります。
ではなぜ故障した箇所があるバイクでも高額での引取りが可能なのか見てみましょう。
バイクの場合は構造がそれほど複雑なわけでもなく、修理のプロの手に掛かれば直せる場合が多いので、修理後には中古車として流通させることが可能になります。
ただ故障箇所があればそれを理由に査定を下げられてしまう可能性が高く、ご自身でできる範囲のメンテナンスや洗車などをしっかり行い、他のマイナスになる要素をなくしておくことが注意点として挙げられます。

また全ての故障車が買取可能というわけではありません。
軽度の損傷であれば高値での引取りができますが、中程度から重度の損傷になると安く買い叩かれたり、無料での引き取りになることもありますので、注意しておきましょう。

故障した車の買取りや下取りとPCの活用

最近ではあらゆる製品の耐久性が向上したことで、一つの製品を長く愛用できるものですが、必ずしも機械製品の故障率がゼロになることはありません。
これはいずれの分野の製品でも同じことなのですが、特に車の場合は命に関わる物となりますので、一度でも壊れるなど信頼性に疑いが生じれば買い替えを前向きに考えることになります。
日本車はいずれも非常に丈夫な造りなので滅多に壊れることも無いのですが、それでも日々のメンテナンスを怠ると思わぬ故障を引き起こすこともあります。
エアコンなどを始め走行そのものに影響が無い部分の問題であれば治すことも可能なのですが、エンジンなど機関部分の問題で動かない場合は修理することも難しく、そうなれば処分をするしか選択肢はなくなります。

故障車の処分方法としては廃車に出す前に買取に出すことがポイントとなるのですが、その際に安く買い叩かれないためにはどのような対策を行えば良いのでしょうか。
ひとくちに故障車といっても様々な種類があり、事故を起こしたものや長く放置し動かないもの、また災害や水没などで壊れた場合もありますので、状態はそれぞれにより大きく異なります。
比較的に年式が高く壊れた箇所が小幅となる場合は買取りに際して高額な査定額をつけてくれる可能性がありますので、いくつか店舗をめぐり査定を比較する中で売却先を決めると良いでしょう。

ディーラーでは新車を購入する手続きと同時にそれまで乗っていた車を処分する手続きも行えますので、1ヶ所で全てを行えるのは非常に便利となります。
またそれに加えて下取りに出した車の売却額をそのまま新車の購入費から差し引いてくれますので、お得に新車を購入することができるメリットがあります。
ただ車を引き取ってもらう際には車種や年式により提示される査定額は大きく異なり、価値が低い車であれば査定額も低く留まり、新車の値下げ幅もおのずと小さくなるものです。
下取りに故障車を持ち込んだ場合にはどのような対応になるのでしょうか。
ディーラーは新車の販売をそもそもの目的にしていますので、それに付随して行われる下取りでは市場価値が低い故障車でも引取りを断られることはありません。
故障車の中でも事故を起こし修復歴があるような車の場合は査定結果は期待することができず、有償での引き取りは無いものの無料での引き取りに留まり、プラス収支に転ずることはありません。

また一方で中古車の買取店に出すことも処分方法の一つとなり、とくに買取店の場合は故障車専門の店舗などもあります。
そうしたところであれば無料での引き取りにはならず、少ないながらもプラスになる可能性もありますので、どこで処分するべきかはそれぞれで査定額を確認したうえで考えた方がよいでしょう。

しかし、店舗をめぐって査定を行うというのはいくら高額査定のためとはいえ、限界があるのも事実です。
そんな時に活用されているのが、インターネットになります。
PCは今や私たちの生活では必須のものとなり、仕事や家庭生活から趣味などと様々な場面で使われています。
故障車でも中古車でも車を買い替える際にはディーラーに売却するが、下取りでの処分を選択する場合が多くあります。
買取してもらうなら高額査定してくれるところにお願いしたいのは誰もが思うところです。
色々な買取店の査定を比較でできれば、それが可能になるといえます。

インターネットで、車の買い取り査定を簡単にすることができます。
サイトによっては複数の業者に査定ができるので、比較する資料を欲しい場合には大変便利であるといえます。
それをもとに実際の店舗で査定を行えば、同じ額とはいかずとも、近い査定額を引き出すことが可能になるでしょう。
また、安い場合の金額交渉の資料としても役立つといえるかもしれません。

また、故障車の場合は問題がある箇所を治しておくことにより査定額が上がるものと考えられますが、実際のところ修理後に査定に出すと多くのケースで出費がかさみ損をすることになります。
車工場に修理に出すとパーツの取替え費用に加えて工賃も掛かることになり、この分の出費が査定額の上昇分より高くなればプラス収支となるのですが、大抵はそこまでの査定額が上昇することは無いのです。
買取業者からすれば自前で整備工場を持っていますので、壊れた車を引き取っても自分の所で修理することができ、査定額を大きく下げずに引き取ることが可能なのです。
故障車を買取に出す際の対策としては、特に修理を行う必要もなく現状のままで引き取ってもらうことがプラス収支にするために重要となりますので、この点をしっかり覚えておきましょう。
なお車を引き取ってくれるまでの期間に野ざらしにすると壊れた箇所から雨水が入り込む可能性もありますので、シートで覆うなど雨水対策を行うことも大切です。

車の壊れた箇所が外装などに留まらず電気系や機関系に及ぶと査定額は下げられ、さらにエンジンが動かないなど故障車としてはより状態が悪くなるとさらに査定額は低くなります。
しかし状態が悪くても廃棄処分にする必要はなく、わずかに数万円程度でも売却が可能になる場合もあります。
これは分解してパーツを取り出し、部品として中古市場に流通させることが可能であるためで、壊れたものでもまったく価値が無いわけではなく買取りに出すことも可能になるのです。
大切なのは故障してからの保存方法と、買取に出す際の店選びと言えるのかもしれません。
できるだけ調べてから買取や下取りをするのが、故障車の上手な売却法なのですね。

車が故障した時の対応と症状

車を運転中に事故を起こしたり故障などで立ち往生すると非常に危険であり速やかに対応しなければなりません。
ですので、故障車の対応を具体的に知っておくのが大事です。

まず始めに行うのは車を安全な場所に動かすことなので、ハザードをつけて路肩や道路沿いの土地などへ移動させましょう。
この時点で自走ができない場合は後を確認しながら外に出て、安全を確認しつつ三角反射板や発煙筒を後方に設置し、道路の外へ退避しましょう。
三角反射板や発煙筒を設置するなど安全を確保しなかった場合は違反に問われる可能性があり、後続の車も危険になりますので、自走できない場合も路肩に止める場合も必ず設置する必要があります。

続いて故障車を移動修理するため関係機関に通報するのですが、交通量が多い道路であれば警察に通報し、また交通量が少なく安全な道路であればJAFか加入している任意保険の窓口に連絡を入れます。
JAFはカーユーザーに年中無休24時間体制でロードサービスを提供している組織で、あらかじめ会員として加入していない場合でも有料で故障車救援を受け付けてくれます。
また任意保険でも保険加入者向けにロードサービスを提供しており、こちらのほうはサービス内容が非常に手厚く全国で提携している自動車工場に連絡を入れてくれます。
車両トラブル対応・レッカーサービスなどから、帰宅が難しい場合は宿泊費用・帰宅費用サービスなどまで行ってくれますので、手間も費用も掛けずに速やかに対応することができます。

車は日常生活で多用するものですが、車体に対する知識が乏しい方が非常に多く、中には車検のときにしか整備点検をしないケースも多くあります。
車は車検以外にも法定点検と呼ばれる整備を行う必要があり、12ヶ月毎に点検整備を行うよう法令で定められているのですが、罰則を伴うわけではなく整備を受けない方が多いのです。

とはいえいつかは車も壊れるものであり、異変がある場合は早期に気がついて整備や修理を行うことになるのですが、具体的にはどのような症状が出るのでしょうか。
まずもっとも分かりやすいところでは車体からの異音が挙げられ、いつもとは明らかに異なる音が聞こえたら速やかに運転を停止させ原因を探ると共に点検に出したほうが良いでしょう。
原因としてはエンジン・足回り・排気系・ドライブトレーンなどが考えられますので、いずれにせよ異音の症状が出たら故障車であると考えた方が良いでしょう。

続いて振動が大きい症状があった場合には、ホイールバランス・ホイールアライメント・ステアリング内のギヤ・ATフルードの劣化などに問題がある故障車となります。
ただこうした振動もそれぞれで違和感を感じる条件は異なり、例えばホイールバランスに問題がある場合は一定の速度域でステアリングが振動する事になり、またATフルードの劣化が原因であればオートマの変速ショックが大きいと感じることになります。
故障車はそれぞれの症状により大方の原因は判断できますので、工場に持ち込む前に具体的にどのような違和感があったかをメモに書きとめておくと良いでしょう。

車は故障する前の対応も故障した後の対応も重要なポイントとなります。
万が一のトラブルの際にあわてず対応できるように、しっかりと常日頃から点検することを習慣にするといいでしょう。

車が故障した時の原因を探るには

出先や旅先で車が故障すると、そこから先のスケジュールが大幅に狂わされ様々な問題が生じることになります。
そうした時には故障車の問題がどこにあるか原因を探り、ご自身でできる範囲の処置を行うことで再び走り出すことが出来る場合もあるのですが、故障車に対してはどのように原因を探れば良いのでしょうか。

車の構造について詳しい方は一般的にあまりいないもので、壊れたからとすぐに原因を探ることは非常に難しいのですが、運転席にはそのヒントが隠されており、まずはメーターパネルにある警告灯を確認してみると良いでしょう。
メーターパネルとはハンドルの前に取り付けられているスピードメーターやタコメーターなどの事を指しており、通常はスピードや燃料計を見る程度となるのですが、それ以外にも車のトラブルを知らせてくれる様々な警告灯が付いているのです。
例えばABS警告灯はABSが作動しているときだけでなく装置に異常がある場合に点灯し、ブレーキ警告灯はパーキングに入れているときだけでなくブレーキフルードの不足・ブレーキ油圧の異常・ABSの異常・ブレーキブースターの異常などを指し示しています。

またそれ以外にも充電警告灯・排気温警告灯・フューエルフィルター警告灯・油圧警告灯・エンジン警告灯・AT警告灯が、また車種によってはEVシステム警告灯・バッテリー残量警告灯・出力制限表示灯などのハイブリッド車やEV車向けの警告灯もあります。
このような警告灯が点灯している場合は車に付属している説明書を確認し、故障車の問題がどこにあるか原因を探ると良いでしょう。

車を買い取る場合に故障車を見分けるには

中古車を購入する際には低価格ながらも状態の良い車を探すことになるのですが、販売店側は必ずしも状態の良い車ばかり並べているわけではありませんので、買い取る側も故障車を掴まされないようにしっかりとチェックしておく必要があります。

では車を買い取る際に故障車を見分けるにはどのような点をチェックすれば良いのでしょうか。
まずは車の外部を確認することになり、全体を見渡してバランスに違和感が無いか、また各パーツを細かく見てパネルに問題が無いかを確認します。
このときには事故歴が無いか板金した痕跡が残されていないかなどの点に注意を払い、故障車はもとより事故を起こした痕跡が無いかも見ておくと良いでしょう。
特に事故を起こした車の場合は板金塗装の際に歪みが生じますので、日中の明るいうちに光に照らし見分けると良いでしょう。

続いてはボンネットを開けてエンジン回りを確認するのですが、冷却水・エンジンオイル・ミッションなどは元よりエンジンルーム内各所を細かく確認して、オイル漏れが無いか部品を交換した痕跡が無いかを確認しておきましょう。
またエンジンをふかしてみることも重要なのですが、エンジン音を聞くだけでなく回転がスムーズであるかや振動が大きすぎないかなどチェックを入れます。
さらにパワステやミッション等のチェックも欠かすことができないのですが、ここでチェックが終わりというわけではなく内装もまた故障車を見分ける際にはポイントとなります。
とくにハンドルの状態を確認することは非常に重要になりますので、買い取りに際しては試乗も欠かすことなく行いましょう。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿