事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 事故車
  3. 事故車も扱うプロ専用中古車オークション

事故車も扱うプロ専用中古車オークション

事故車も販売しているオークションとは?

001_1中古車を安く手に入れたいと考えている人も多いでしょう。
車を安く買いたいのなら、一般的には中古車販売店で購入することになりますが、さらにお得に購入したいのならオークションを利用するといった方法もあります。
オークションと言っても、中古車業者などプロの方のみが参加することが出来る中古車オークションというものがあるのです。
この中古車オークションを利用して在庫を仕入れている中古車販売店もあり、日本国内の中古車流通の7割はこのオークションで行われているほどです。
つまり、業者が仕入れを行うために行うオークションに参加して自動車を購入することによって、卸値で購入することが可能となります。

しかし、一般の方がこのオークションに参加する事が出来ない為、オークション代行業者と呼ばれる業者があり、この代行業者と契約することでオークションに代行参加してもらうことが出来ます。
その分、手数料などがかかってしまいますが、それでも中古車販売店などで購入するよりは安価に購入することが出来るとされています。
また、さらに安価に購入したいのであれば、事故車をあえて購入してみると言うのも1つの手段ですね。
中古車オークションでは、事故車であってもオークションにかけられて販売されていますので、事故車ならさらに安価に購入することが可能です。
ただし、事故車と言ってもプロの業者が言う事故車と一般ユーザーが使う事故車では意味の取り方が違うことがありますので、注意しておきましょう。

事故車の場合ですが、基本的にプロの間ではフレーム修理を行った車のことを事故車と呼びます。
つまり、軽く車をぶつけてしまってバンパーがへこんでしまったくらいの事故なら事故車とは呼ばないのです。
フレーム修理を行うと言うのはかなり大きな事故を起こした車であると考えても良いのですが、その分しっかりと修理されているといったことでもあることから、ヘタに事故車ではなくてきちんと整備されていないような自動車よりも安心だとして購入する人もいらっしゃるようです。
いずれにしてもオークションで販売されている事故車を購入する時には、価格だけを重視せずに充分に見極めた上で購入することが重要なことだと言えます。

事故車をオークションで購入する時のポイント

a1180_011030

中古車オークションで、さらにお得に中古車を購入したいのであれば、あえて事故車を購入するといった人もいらっしゃいますが、事故車をオークションで購入する場合の注意点についてご紹介します。

中古車業界で事故車とは、フレームの修理歴がある車を指す言葉になるのですが、フレーム修理をするくらいですのでヘタに一部分のみを修理したものよりも、しっかりと修理されていると判断する人もいるのです。
だからといって、事故車で修理されていれば何でも良いという訳ではありません。
不具合がなかったとしても購入して数ヶ月で故障してしまうといったケースもあります。

最も気をつけておきたいのが冠水車や塩害車ですね。
冠水車とは台風などの水害によって水に浸かってしまった車のことを言います。
どのくらい冠水してしまったのかにもよってリスクは変わってくるのですが、基本的には安価で購入出来るにしても避けておきたい車です。

次に塩害車ですが、海に近い場所などで使用されていると、塩を含む海風にさらされており、車がさびてしまった状態です。
このことから塩害車もかなりリスクが高い車だと言えますね。
修理歴などを見ると、どのような場所を修理したかは解りますので、事故車を購入する時は、どんな修理がなされているのか、などをしっかりと見極めて購入する必要があります。

中古車オークションにおける事故車の評価点

中古車オークションにはプロの中古車業者専門のオークションというのが存在します。
この中古車オークションに参加することで、一般のユーザーとしても安価に中古車を購入出来るなどのメリットは沢山あります。
またオークションで出店される中古車には事故車など、一般車以外の出店もあるようです。
事故車や不動車などであっても代行業者を通してオークションに出店する事が出来ますが、オークションに出品された車は公開前にプロの検査員が厳しく査定を行います。

この時に、事故歴の有無を確認したり、ボディや外装、内装の車の汚れや傷を確認するなど様々な面で査定を行います。
この査定のデータによってランク付けを行っていくのですが、事故車の評価点の基準を覚えておくと良いでしょう。

オークションに出品される車の評価点ですが、大きくわけるとAランクからEランクまでの5段階の評価がされてそれぞれに点数がつけられています。
内装補助評価、外装補助評価、走行距離、などのように評価される部分は分けられています。
他にも、改造車や災害車などは1点、修復歴のある車はR点、などのように点数がつけられており、中古車業界で事故車といった時にはR点の車になります。
事故車の場合は、車両状態評価書といったものに、検査員が査定した結果を書いており、修復歴の有無の他にもメーター改善歴、板金塗装歴、落雷歴、冠水歴などの様々なデータが記載されることになります。
ちなみに外装や内装での評価基準としては、Aランクはほぼ無傷の物や修復をしていてもきれいに修復されているものになります。
Bランクでは小さな傷があったり、ガラスにひび割れなどがあるものとなっていて明確な基準が定められていますので、自分の車がおよそどのランクに位置づけされるかを確認することも出来ます。

中古車オークションはプロの業者が参加するものですので、事故歴や修理歴などはすべて解ってしまいます。
仮に中古車オークションを利用するのであれば、ヘタなことをしないで正直に申告しておくと良いでしょう。

中古車オークションと事故車オークションについて

auc-view2

中古車オークションの中に、事故車オークションというジャンルが存在します。
車を売りたい、けれど事故を起こしてしまったから売れないのではないかと考えてしまい車の処理を考えた際にもう廃車にするしかないと考えている人も少なくないのではないでしょうか?
しかし、近年では事故を起こした車であっても売却することが出来ます。
1つは、中古車業者に買取をしてもらう方法で、もう1つは中古車オークションを利用する方法です。
中古車オークションと言いましても、個人売買を行うインターネットオークションではなく、プロの中古車業者専門のオークションですね。
このオークションに中古車を出品することは可能ですが、事故車・不動車などの場合はどうなのでしょう?

近年ではどんな車であってもオークションなどを利用して買取をして貰うことが可能です。
何故、事故車や不動車などであっても買取をしてもらうことが出来るのか?その理由には国産車の品質の高さがあげられます。
日本車は御存知のように世界中で販売されているもので、その評価も高いものがあります。
そこで、事故車や不動車などであっても買取をして、パーツに分解して売却することが出来るのです。
このことから、事故を起こしたままの状態でオークションをする事故現状オークションというものまであります。

中古車オークションそのものに関しても、事故を起こした車も普通に出品されています。
オークションが行われる会場では、事前に出品される車について厳しい査定を行っていて、ランク付けをしています。
当然事故があった場合はランクが下がってしまうことになりますが、そのまま出品されて、買い手がつけば落札されることになります。
中古車業界ではフレームが歪むような事故をした車のことを事故車と呼ぶ為、多少ボディがへこんでしまった程度であれば、そのまま出品しても問題はないのです。

基本的に、中古車オークションにしても、事故現状オークションにしても、会員制となっていて一般ユーザーが直接参加することは出来ませんので、代行業者に依頼をして売買することになりますので、事故車や不動車をオークションにかけたいのなら、事前に事故車であることなどをきちんと申告した上で、相談してみると良いでしょう。

バイクの事故車とオークションについて

中古車には中古車オークションと呼ばれるオークションが存在しており、中古車業界の流通を助けていますが、バイクの場合でも中古車オークションのようなものはあるのでしょうか?

実際にはバイクにもオークションは存在します。

有名な所ではジャパンバイクオークションであったり、アライオートオークション、オークネットなどが該当します。
これらのバイクオークションに関しても、原則として一般ユーザーが参加出来るオークションではなく、中古車オークションと同様に一般ユーザーが参加するには代行業者を経ることになります。

こちらも基本的には中古車オークションと同様でオークション前には第三者の視点から厳しい査定が行われているので、状態の良い中古バイクを卸値で購入することが可能です。
ただしオークション形式となりますので、良いバイクは落札額も高くなりますので、予算を超えてしまうと購入することは出来ませんので、絶対にこのバイクが欲しいと言うのであれば、かえって高くつく結果になることもあるでしょう。
他にも、バイクオークションを利用するメリットしては、希少車などもオークションにかけられることもあるので、最寄りのショップでは見かけることが出来ないようなお宝に巡り会えるかもしれないのが魅力ですね。

原則として、事故車であっても引き回しが出来るのであれば出品可能とされていますので、安価にバイクを購入したい人は事故車を購入することも可能です。
反対に、事故車だからとバイクを売るのを諦めてしまっているようなケースであっても、思わぬ高値で売却することが出来るかもしれないというのも大きな魅力ですね。
ともかくバイクを安価に購入したいと言うのなら、余計なコストがかからないバイクのオークションを利用してみるのも1つの手段だと言えます。

プロ専用中古車オークションについて

auction001

自分の自動車を売却する方法としては、買取をしてもらうか下取りをしてもらうかのどちらかを選択する人がほとんどですが、もう1つオークションにかけるといった方法があります。
オークションと言っても、Yahoo!オークションのような個人売買のオークションもあれば、カーオークション・オートオークションと呼ばれる中古車オークションもあります。

一言で説明しますと、プロの中古車業者専用のオークションということになります。
中古車オークションに参加するには、オークション会場の参加資格を充たしおり、会員になることが必須です。
この会員となった業者だけが中古車オークションの出品や入札に参加することが出来るようになっていて、日本国内における中古車流通のおよそ7割がこの中古車オークションを経由していると言われています。
ちなみに、この中古車オークションでの落札価格を参考にして、中古車業者は買取時の査定額を決めているそうです。

プロ専門の中古車オークションなら、一般ユーザーは絶対に参加出来ないのかと言うとそうでもありません。
中古車オークションに参加するには上でも書いたように、会員にならないといけませんので、この会員になっている業者に代行してもらってオークションに参加することが可能です。
中古車オークション代行業者といった業者があり、その業者を通して中古車オークションに参加する形になります。
利用するメリットとしては、プロがきちんと査定を行った上で出品されている車を購入することが出来るという点と、卸売り価格で車を購入することが出来るといったことがあります。

中古車オークションは、一般ユーザーとはつながりが薄いのですが、いずれも社会的な信用がある上場企業ばかりとなっていますので、安心してオークションに参加することが出来ると言っても良いでしょう。

プロ専用中古車オークション会場について

中古車を売却する方法として、一般的には下取りや中古車業者に買取をしてもらうことになるのですが、近年ではもう1つの方法があります。
それはオートオークション、カーオークションと呼ばれる中古車オークションを利用する方法です。
原則としてこの中古車オークションに参加するには、自動車の販売や買取を行っている業者が商品を仕入れたり、売却したりするために行われているもので、会員制のオークションとなります。
つまり、一般ユーザーは参加することが出来ません。
しかし、中古車オークションに参加する権利を持っている業者に代行してもらい、オークションに参加することが出来るようになっていて、自分の車をオークションに出品してもらったり、競り落としてもらうことが出来ます。
この中古車オークションを主催しているのはいずれも信頼のおける企業ですので、安心して利用することが出来るのですが、ここでは中古車オークションの会場について書いていきましょう。

中古車オークションですが、上でも少し触れた通りにいくつかの会社が行っていて、代表的な会社としてはJU、USS、HAAなどの会社があります。
これらの会社がオークション会場を開いていて、日本全国にオークション会場があります。

ただしオークション会場によって出品される台数や成約率、落札価格なども異なってきますので、オークション会場によっては売買がしやすい、しにくい、など多少の変化が御座います。
出品台数などを考えますと、やはり人の多い都会の方が有利です。
また、開催日もオークション会場によって異なっていて、通常は週に一度開催されることになっています。
他にも、オークションに出品した自動車はその状態を厳しく査定されて点数によるランク付けが行われることになり、このランク付けはオークション前日には参加者に配布されることになります。
このランクの基準もまたオークション会場によって異なりますので、覚えておくと良いですね。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿