事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 中古車
  3. 購入後の車の維持費と節約方法

購入後の車の維持費と節約方法

中古車の維持費の節約方法

a0002_006820昨今の景気の状況を反映してか、最近では新車よりも中古車を購入する人の方が増加傾向にあるそうです。
中古車を購入することで、車両本体の購入費用を抑えることが可能になりますが、維持費に関しては中古車でも新車でもあまり変わらないと言えます。
むしろ任意保険の保険料などに関しては、新車割引などが適用されない分高額になってしまうかもしれません。
また、メンテナンス費用やその他の経費を考えると、どちらかと言うと新車の方が有利なのですが、それでも車両本体の価格分を差し引くとトントンといったところでしょうか。

中古車への維持費のかけ方として、最も節約できるのは任意保険の保険料ですね。
仮に安価な中古車を購入したのだとすると、事故を起こしてしまって修理をするよりも、新しい中古車を購入した方が安くなる場合もありますので、保険料が割高になりがちな車両保険に最初から入らないといった人も多いですね。
任意保険の保険料は維持費の中で最も節約できる部分ですので、これまで代理店型の保険に加入しているのなら、ダイレクト型保険に切り替えるなどをしてみると良いでしょう。

また、節約しやすい項目としてはガソリン代があります。
ガソリンを節約するにはエコな運転をするように心がける必要があり、急発進、急ブレーキなどはなるべくしないように気をつけて運転すると良いですね。
基本的に道路の流れに沿って運転をするようにして、ちょっとした買い物などでもアイドリングはせずにエンジンを切るようにして下さい。
最近ではガソリンスタンドもプリペイドカードを作ることで、多少は安価にガソリンを購入出来ますので、維持費の節約をするにはそうしたカードも作っておきたいですね。

維持費としては中古車の場合はどうしてもメンテナンス費用がかかってしまいますので、その点をカバーできるようにお金をかけるべきところと節約すべきところをきちんと把握しておきましょう。

輸入車はどのくらい維持費がかかるのか

a1180_011011

輸入車にかかる維持費はどのくらいなのでしょうか?
一般的に輸入車と言うと、維持費がかかってしまうイメージがありますが、実際に国産の自動車と比較すると維持費は高めになります。

特にメンテナンス費用は大きく異なってくると考えて良いですね。
近年の国産車ですと、定期的にメンテナンスをしていると10年乗っても故障することはほとんどありません。
しかし、輸入車の場合は故障する確率も高く、例えばブレーキ系統が故障したから修理したとすると、次は電気系統が故障した、などは日常茶飯事です。
また、輸入車の場合、部品代の価格が高騰することもあります。
国内にはその部品がなくて修理出来ない時には、海外から部品を取り寄せなくてはいけないからです。
工賃や技術料などといった部分も国産車より高くついてしまうケースが多く、一度の修理でかなりの費用がかかってしまいます。
こうしたことから車検費用にしても、国産車の倍額以上、時には3倍程度の費用がかかることもあるようです。
また、燃費に関しても国産車よりはかなり低くなっていますので、ガソリン代に関しても国産車よりも多めにかかると考えて良いですね。
スポーツカーなどのタイプなら任意保険の保険料も高くなりますので、その点もしっかりと考慮した上で購入するかどうかを考えて下さい。

輸入車の人気が高く、国産車にはないデザインなどがあって乗ってみたいと考えている人も多いでしょう。
しかし、上述したように輸入車の維持費はかなり高額となりますので、中古車で購入したとしても維持費がかかって新車以上に費用がかかることも少なくありません。
そうした意味でも、輸入車を購入するのであれば資金に余裕がある時にしておきたいですね。

車の維持費の平均を知りたい方へ

車の維持費ってどのくらいかかるのでしょうか?
車を購入する時に気にしておかないといけないのが、維持費です。
特に若い世代の人に多いのですが、車を購入したのは良いものの維持費が払えなくなって任意保険に加入しない、などのケースがあります。
若年層の人が任意保険に加入するには、保険料も比較的に高くなってしまうので気持ちも解らないではないですが、万が一の時のことを考えると任意保険に加入しておくべきなのは言うまでもありません。
近年では自動車事故における賠償額も高騰化している傾向があり、ヘタをすると数億円といった賠償額を支払わないといけない場合もあります。
また、任意保険に加入していないと、自分への補償がされないといったことも忘れないようにしておきたいですね。
少しでも維持費を減らしたいのなら、ダイレクト型保険など比較的に安価な任意保険に加入すると良いですね。

維持費に話を戻しますと、維持費としては先にあげた任意保険の保険料の他にも、ガソリン代、自動車税、車検代、メンテナンス費用、駐車場の利用料などがあります。
これらの費用を計算しておくと良いのですが、どれも一概には価格を出してあげることが難しいので、自分の欲しい車にあわせて税金や車検費用などをあらかじめ計算しておくと良いでしょう。
ガソリン代に関しては使用頻度によるのですが、燃費の良い軽自動車やハイブリッドカーなどを選択することで節約することが可能です。
車検代も安価に済ませたいのなら、自分で車検を通す方法もあるのですが、ある程度車の整備知識が必要となりますので、万人にお勧めできる方法ではありません。
維持費の平均と言っても、上で少し触れたように、乗る人、車、使用頻度、使用目的、などの条件によって大きく維持費が異なってきますので、ともかく解る範囲で具体的な数字を入れて、自分で計算していく方がきちんとした数字が割り出せるはずです。

車の維持費を事前に計算

a0001_011517

車の維持費はどのくらいかかるのか計算したことはありますか?
単純に維持費と言っても、車の車種やどのくらいの期間乗るのか、車に乗る頻度などによって大きく変わってきますので、一概に計算するのは難しいと言えます。
しかし、維持費を計算しておくことによって、年間でどのくらいの出費になるのかを把握することが出来ますので、車を持つ前に計算しておきたいですね。

維持費を計算する時の計算式としては、車両本体の価格に、駐車場代金、毎年かかる自動車税、車検代、メンテナンス費用、自賠責保険、任意保険の保険料、ガソリン代、などを足したものになります。
車の維持費ですが車両本体の価格を含めるかどうかでも変わってくるのですが、一括で自動車を購入する人は少ないですので、乗車予定年数で割って計算に含めるのが一般的です。
仮に購入した車に10年乗る予定なら、本体価格を10分の1した価格を維持費に上乗せすると良いでしょう。
駐車場代金に関しては、自宅に駐車スペースがあるのなら負担はありませんが、都市部なら月額でかなりかかってしまいます。
自動車税ですが、こちらは車の排気量によって異なってきますので、自身の車にあわせて計算すると良いです。
車検代は新車購入なら初回は3年ですが、次回以降は2年ごとになりますので10年乗るとするのなら平均を出し、年額このくらい、と計算しておきましょう。

メンテナンス費用としては、オイル交換などの日常的に交換する費用が含まれるのですが、新車購入時にはオイル交換なども初回車検時までは無料で行ってくれるサービスを行っている事もあるので、そうしたサービスを利用すると、維持費を節約することが可能です。

保険代に関しては、維持費の節約をするのならダイレクト型保険などを選択すると良いですね。

ガソリン代は車の使用頻度によりますが、近年ではガソリン代も高騰していますので、多めに見積もっておくと良いかもしれません。

車の維持費と費用|年間どのくらいかかるのか

自動車を購入すると言っても、実は本体価格以外にも様々な経費がかかってしまいます。
購入時の費用だけを考えて車の資金を捻出したものの、維持費が思ったよりもかかってしまうとのことで、泣く泣く購入した車を手放すといったことも珍しくはありませんので、購入する前にはしっかりと確認しておきましょう。
特に近年では維持費が高騰していることから、若者の車離れが促進しているとも言われています。
そのくらい車維持費は何かとかかってしまうものなのです。

では、実際に車を取得する時にかかる費用と維持費について考えてみます。
車を購入する時には、車両本体の価格だけではなく、税金が複数かかってきます。
自動車税、自動車取得税、自動車重量税です。
この内、エコカー減税などの対象車を購入するのであれば減税されますので、少しお得に購入することが可能です。
他にも、自賠責保険の保険料、リサイクル費用、販売諸費用などがかかってきますので、購入価格を抑えたい人は自分でできることは自分で手続きをするようにして下さい。

次に、自動車の維持費として計算されるのは、自動車税、ガソリン代、駐車場代、任意保険の保険料、車検費用、メンテナンス費用などがあります。
自動車税は毎年かかってくるものですが、他の費用としても車に乗るのなら必要になってくるものです。
特にガソリン代に関してはガソリンが高騰している昨今では、車の使用頻度によってはかなりの負担になることがあります。
そうした意味でも燃費の良い軽自動車やハイブリッドカーが人気となっているのも頷けます。
また、任意保険に関しても近年では保険料が安価であるダイレクト型保険が主流となっているのも維持費の節約の為だと言っても良いでしょう。

商用車の維持費は果たして割安なのか?

軽自動車の自動車税が引き上げられるということで、ニュースになっている昨今ですが、維持費の節約には商用車として登録すると良いといった話を聞いたことはありませんか?
一般的なユーザーが乗る車は乗用車と呼ばれているのに対して、商用車とはいわゆる働く車のことになります。
車種としてはトラック、バン、などのような車種が該当します。
バスやタクシーなども働く車なのですが、法律上は乗用車とされることが多いようですね。
商用車と乗用車の大きな違いとしてはナンバープレートにおけるナンバーです。
商用車は4ナンバー、1ナンバーとなり、乗車定員も3人以下と定められています。

商用車にすることで車維持費が節約できるとする人がいるのですが、実際はどうなのでしょうか?
確かに商用車扱いとなると、自動車税や自動車保険料が割引されるケースはあるのですが、反対に車検費用に関しては割高になります。
車検の年数にしても新車であっても2年ごとに車検を受けることになりますし、白ナンバー車ですと新車初回が2年、以降は1年ごとに車検がありますのでかえって割高になるケースもあると考えて良いでしょう。
つまり商用車だからと言って、一概に維持費が節約できるとは限りません。
また、ガソリン代や駐車場代金、メンテナンス費用、といったお金も維持費として必要になりますので、その点も考慮しておきましょう。

税金面での優遇は確かにありますが、その他の点に関しては商用として使うのなら乗用車よりも維持費がかかってしまうことになるので、その点もしっかりと把握しておかないと、維持費に困って車を売却せざるを得ないことになるので、充分注意しておきましょう。

大学生が乗る車の維持費のかけ方

大学生になると、自動車の免許を取得して車に乗りたいといった人が増えてきますよね。

一般的な大学生が車を持つというのは、かなり難しいと言えます。
何故なら、維持費がかなりかかってしまうからですね。

車と言うのは、購入するだけでは終わらないものです。
車を購入することで、駐車場代金、ガソリン代、任意保険の保険料、車検代、自動車税、などなど多くの維持費がかかってしまいます。
これらの維持費をすべて支払っていくには、それなりの費用がかかりますので、大学生でもそれなりの収入がないと車を維持していくのは難しいですね。
維持費の節約として、中には任意保険に加入しない人もいるようですが、任意保険に加入していなかったせいで、とんでもない負債を背負ってしまうこともあるので、いくら節約と言っても最低でも対人、対物補償は無制限で加入するようにしておきましょう。
都心部ですと、駐車場代金だけでもかなりの費用がかかりますし、それに加えてガソリン代や車検費用までとなると、とてもじゃありませんが大学で勉強をしている時間がなくなってしまいます。

そこで大学生の場合ですと、無理に維持費を捻出するといったことではなく、カーシェアリングを利用するなども視野に入れておくと良いでしょう。
カーシェアリングとは会員費を支払って会員になることで、自由に使えるレンタカーのようなものです。
常用的に車を使うのならカーシェアリングを利用したり、レンタカーを利用するのも1つの方法ですね。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿