事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 車修理
  3. 車を修理に出す|ディーラーや修理工場における費用の違い

車を修理に出す|ディーラーや修理工場における費用の違い

事故車の修理費用について

a0001_011518事故車の修理にはどのくらいの費用がかかるのか、これは誰もが気になるところでしょう。

修理費用は車の破損状況によって変わってきます。
ちょっとした傷が付いてしまっただけならそれほど高額にはならず、1万円を切るということもあります。
逆に、大きく破損してしまえばその分修理費用も高額になります。
乗っている車の車種によっても修理費用は変わりますし、修理に出す業者によっても変わってきますので、こうした修理ならこれくらいという相場がはっきりとあるわけではありません。

ですが、修理費用はできるだけ安く抑えたいというのが本音ではないでしょうか。
そこで修理をする場合には事前に見積りを出してもらうことがポイントになります。
この時、多くの修理業者に見積りを出してもらえば安い費用で修理してくれる業者を見つけることができます。

例えば、ディーラーに依頼して修理に出す方法もあるのですが、この場合は直接修理業者に依頼するよりも費用がかかってしまうとされています。
いつもお世話になっているディーラーに依頼すれば安心感がありますし、なにかと楽ではありますが多少費用が割高になってしまう場合があると考えておきましょう。

また、どんなに費用が安くてもしっかり修理をしてもらえなければ意味がありません。
費用を気にすることも大切ですが、修理業者のレベルがどのくらいなのか、ということも同時にチェックすることがポイントです。

車の修理はディーラーに頼むべき?

車の故障や破損を修理する場合、ディーラーに頼むという方法があります。
では、ディーラーに修理を頼んだ場合にはどのような特徴があるのでしょうか。

一般的に、ディーラーに頼むと費用が高くなると言われています。
なぜかというと、ディーラーに修理を出した場合には故障してしまった部分だけではなく、その他の部分もチェックし、故障箇所以外の修理や部品の交換を行うことがあるからです。
また、事前に見積りを出してくれるのですがこれは無料というわけではなく、手数料が必要になりますのでその分費用がかかるという面もあります。
一方、修理業者の場合は故障した部分の修理しか行わないのが基本ですし、純正部品ではなく安い部品を使って修理することもあります。
こうした違いからディーラーの方が費用が高いと言われる理由です。

ディーラーは高いからダメだというわけではありません。
こちらでは解らなかった部分を一緒に修理してくれるわけですし、ディーラーは多くの場合専用の修理工場を持っているため、技術力の点でも安心できます。
まったく知らない業者は費用が安いとしてもしっかり修理してくれるのか不安になってしまうものです。
その点、ディーラーの場合は信頼して修理を頼むことが出来ますので、これもディーラーに修理を頼むメリットと言えるのではないでしょうか。

車を修理する場合、費用だけがポイントになるわけではありませんので、ディーラーは高いからと避けてしまうのはではなく、総合的に考えることが大切です。

車の修理価格や値段、費用について

修理費用は乗っている車の車種、国産車なのか外車なのか、修理を依頼する業者によっても変わってきますので、できるだけ費用を安く抑えたいのであればだいたいの相場を知っておくことが大切になります。

たとえば、マフラーを交換するという場合、国産車の場合であれば費用は5,000円程度になるのが一般的です。
ですが、これが外車だった場合には10,000円程度の費用が必要になることもあります。
国産車か外車かという違いだけで約2倍の差が出てしまうわけです。
国産車であっても車種によっては相場以上の費用がかかることがありますし、軽自動車の場合なら費用が安くなるということもあります。
このように、修理の価格というのは乗っている車によって大きく変わることになることを把握しておきましょう。

また、依頼する業者によって値段設定が違います。
この点も修理をする際には気をつけたい部分です。

しかし、安ければそれで良いというわけではありません。
費用が気になるのは当然だと思いますが、業者の技術力も大切です。
どんなに安い値段でも、しっかりと修理がされていなければ損をしてしまう事になる為、どういった方法で修理を行うのか、可能であればこの点もチェックしておきたいところです。

自動車の修理費用について

故障の原因が事故の場合は保険を利用して修理費用をカバーすることもできますが、原因が事故でない場合には保険を利用することは基本的にできません。
そのため、全額自己負担ということになります。

どのくらいの費用がかかるのか、これは故障の度合いによって大きく変わります。
例えば、車体にちょっとした傷が付いてしまった、マフラーを交換する、ガラスを交換するなどの場合は、費用もそれほどかからず、1万円前後で修理できることが多いでしょう。
しかし、エンジンが故障してしまったといった場合には数十万円の費用がかかるケースもあります。

ここでポイントになるのが業者選びです。
車の修理費用は一定の額が決められている訳ではなく、業者によってかかる費用が変わってきます。
修理費用をできるだけ安く抑えたいのであれば、まず業者選びをしっかりとすることが大切です。
複数の業者に見積りを依頼し、どの業者が安く修理をしてくれるのか、これを検討するのが良いでしょう。

また、保険によっては故障の際の修理費用を補償してくれるものもあります。
一般的に保険は事故に備えるためのもので、こうした保険に加入している方は少ないと思います、いざという時のために加入しておくことも1つの選択肢になります。

車を修理してキズを直す

a1180_008646

車にキズが付いてしまうということは決して珍しいことではありません。
この場合修理をしなければいけませんが、修理の方法にもいくつかあります。
方法によって費用も変わってきますので適切な方法を選ぶことが大切です。

例えば、ちょっと擦ってしまっただけというケースなら自分で修理を行えることもあります。
へこんでいない、下地が出ていないといったキズなら十分に可能です。
この場合はカー用品店などでコンパウンドを購入するだけで修理ができることが多いので、費用もコンパウンド代だけですみます。

キズの度合いが酷い場合は自分で修理をするのは難しくなるので業者、もしくはディーラーに依頼することになります。
この時気をつけたいのは同じ修理をする場合でも業者とディーラーでは費用が変わってくるという点です。
一般的に、ディーラーに依頼した方が費用が高くなるとされています。
ディーラーに依頼する方が安心感があると言えるのですが、費用をかけたくない場合には業者に依頼することも検討しましょう。

また、業者ごとに費用が違うため、どの業者に修理を頼むのかということも大きなポイントになってきます。
どのくらいの費用がかかるのか、事前にいくつかの業者に相談をしたり見積りを出してもらうようにするとよいでしょう。
そうすることで修理費用を安く抑えることが可能です。

修理の見積もりについて

見積りにも費用がかかります。
見積り手数料と呼ばれるもので、一般的には修理費用の5%が相場となっています。

たとえば、見積りだけを出してもらって修理は頼まないこともあると思いますが、この場合も無料でやってくれるという訳ではなく見積り手数料は支払わなければならないというわけです。
そのまま修理に出すという場合、最終的に支払う修理費用に見積り手数料が上乗せされていることが多いようです。
見積りを出すことも大変な作業ですから、費用がかかるのは当然と言えるかもしれません。
ですが、複数の業者に見積りを出してもらって修理費用が安いところを探したい場合には大きな出費になってしまうことになります。
そのため、車の修理はとりあえずディーラーに依頼するという方もいるのではないでしょうか。

ただ、最近では見積りに関しては無料で行っているという業者も増えてきています。
こうした業者を利用すれば費用も最小限に抑えることができるでしょう。

また、車の写真を撮影して送るだけで複数の業者から一括で見積りを出してもらうことができるサービスもインターネット上に登場しています。
このサービスの利用料は無料で、気軽に使うことができるのが大きな魅力となっています。
インターネットが使用できる環境でなければいけませんし、自分で車の写真を撮影しなければならないという手間はかかるものの、費用を抑えたいという方には便利なサービスではないでしょうか。

車の修理での保険について

車を修理する場合、保険を使うかどうかは大きなポイントになってきます。
まず注意したいのが、全てのケースで保険を使えるわけではない点です。
保険は事故に備えるためのもので、事故が原因による故障や破損でなければ使うことができません。
通常の故障の場合は基本的に全額自己負担による修理となりますので注意しましょう。

また、事故による修理の場合でも保険を使うかどうかはしっかりと検討しなければなりません。
保険には等級と呼ばれるシステムがあるからです。
たとえば、保険に加入した直後の年の等級は6等、もしくは7等で、この時点で保険料は10%から20%程度割引されています。
保険を使用することなく1年が経過すると等級が1つ上がり、保険料はさらに割り引かれることになります。
ですが、修理に保険を使用すると等級は一気に3つ下がってしまいます。
6等の方の場合なら3等になり、保険料が10%ほど割増になってしまいます。
10%割引だったものが10%割増になる、これは非常に大きな差と言えます。
結果的に修理費用を自己負担した方が安上がりということもありえる訳です。

もちろん、毎月の保険料、自分の等級によっても保険を使った方が得か損なのかは違いますから、保険を使わない方が良いというわけではないのですが、車を修理する場合にはこうした点も考慮しながら保険を使うべきかどうかを判断することが大切です。
特に、修理費用が安い場合には保険を使用しない方が得になることが多いので注意しましょう。

車のバンパーを修理する際の費用

a1180_011021

車の中で修理することが多くなるのがバンパーです。
ある日突然バンパーが故障してしまう、という事はありませんが、事故を起こしてしまった場合は、バンパーが傷付いていることが非常に多いです。
では、このバンパーの修理費用はどのくらいになるのでしょうか。

まず、修理費用は乗っている車の車種、傷の度合いによってもまったく違ってきます。
そのため一概にいくらかかるとは言えないのですが、例えば事故によってバンパーを新しいものに取り替えなければいけないとします。
この場合は費用もかなり高くつくことになり、約15万円前後が必要になることが多いようです。
逆に少し傷が付いただけ、少しへこんだだけという場合なら3万円前後で修理できることが多いようです。
ただ、これは国産車の場合ですので外車に乗っている場合はさらに費用が必要になるケースもあります。

バンパーを修理するという場合、その多くは事故が原因になっていると思います。
事故による車の修理は保険を利用することもできます。
保険は利用すると等級が下がってしまいますが、それでも保険を利用したほうが費用が安く済むこともありますので自己負担するのか、それとも保険を利用するのかをしっかりと検討することも大切です。
自分では判断ができない場合は、業者に相談するなどしてアドバイスをもらうのも良い方法になるでしょう。
バンパーの修理費用は決して安くはありませんので、こうした対応も重要になってきます。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿