事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 車修理
  3. 事故車が故障?症状からわかる車の故障

事故車が故障?症状からわかる車の故障

車が故障した時のエンジンの症状について学ぶ

a1180_011009車も長い間乗っていれば故障してしまうことがあります。
故障箇所には複数考えられますが、例えばエンジンが故障してしまった場合、どのような症状が見られるのでしょうか。

エンジンが故障している場合、なんらかの異音がすることが多いです。
例えば、エンジン部分からカラカラといった音がする場合、ウォーターポンプに異常があるのかもしれません。
カラカラという音はウォーターポンプのベアリングが発する音だと考えられるからです。
いわゆる摩擦音と呼ばれるもので、すぐに大きな故障につながるとは言えません。
ですが、この状態を放置しておけば最終的にはエンジンを冷却するための冷却水が漏れ出してしまうことになります。
エンジンを冷却する事が出来なくなりますから、走行中にオーバーヒートを起こしてしまう可能性が高まります。
こうなる前にカラカラという音が聞こえたらエンジンを中心に点検をしてみるのが良いでしょう。

エンジンオイルもエンジンの故障に大きく関わっています。
エンジンオイルを長期間交換しないでいるとエンジンオイルそのものの質が下がってしまいますし、エンジンオイルの量が減っていきます。
これはエンジンにとっては悪影響を与える原因となり、やがてはエンジンの故障につながってしまいます。
エンジンをかけるとエンジン音が異常に大きい、普段とは違う音がする、という場合、その原因はエンジンオイルにある可能性が高くなります。
この他にもエンジンオイルが原因で加速性能が著しく低下したり、燃費が悪くなってしまうというケースもあります。

エンジンは車を動かすための中心的なパーツであり、非常に重要なものとなります。
エンジンが故障してしまった場合にはどんな症状が出るのか、その結果車はどうなってしまうのかを知っておくことは大切です。
特に音はエンジンの状態を知らせてくれる要素となりますので、いつもと違う音がするという時には注意しなければいけません。
走行中に自然と本来の音に戻ることも多いのですが、だからといって油断していると大きな故障を招くことがありますので日頃からの定期的な点検がポイントになります。

故障した車のエンジンがかからない場合はどうしたらいいのか

車のエンジンが故障してしまうと、当然ですがエンジンがかからなくなってしまいます。
エンジンの故障の理由にはいくつかのことが考えられますので、まずはどのような症状が出ているのかを確認して適切な対処をすることが重要です。

考えられる理由として、まずはバッテリーがあがってしまったことが挙げられます。
この場合、エンジンをかけようとした時にギュルギュルといった鈍い音がしてエンジンがかからない、カチカチという音がしてエンジンがかからない、まったく音がしないままエンジンがかからない症状が出ます。
エンジンそのものが故障しているわけではなく、バッテリーの電力不足が原因となりますのでバッテリーを新しいものに交換する、充電する対処が必要になります。
別な車を用意し、ブースターケーブルを使ってバッテリー同士をつなぎましょう。
こうすることでバッテリーの充電が可能です。

バッテリーに異常がないにも関わらずエンジンがかからない場合、オーバーヒートをはじめとして、エンジンそのものの故障が考えられます。
オーバーヒートを防ぐためには日頃から冷却水の状態をチェックすることが大切ですが、実際にオーバーヒートを起こしている状態では冷却水を補充しても故障は直りませんので、専門の業者を呼ぶなどして適切な対応をしてもらいましょう。
この状態で自分で対応するのは難しいと言えます。

バッテリーがあがっているだけなら特に問題はないのですが、それ以外の原因でエンジンが故障した場合、自力で対処するのはほぼ不可能と考えましょう。
こうした場合、プロにチェックをしてもらい、必要な対応をしてもらうことが私達ドライバーができる対処法と言えます。
費用も必要になってきますし、急いでいる場合などには大変困ってしまうことになりますので日頃からエンジンの状態を確認し、エンジンが故障しないように気を付けることも大切です。

車が故障したと思った時はバッテリーをチェックしましょう

a0002_006404エンジンがかからないのはもちろん、車になんらかの異常、もしくは症状が出た時にはまずはバッテリーをチェックしましょう。
バッテリーに原因がある場合、自分で対処することが可能ですし、実際にエンジンがかからない症状が出た時に原因として多いのはバッテリーです。

まず、改めてエンジンをかけてみましょう。
キーを回した時、スターターモーターから異音がする、もしくは全く音がしないという場合にはバッテリーが上がっている可能性が高くなります。
バッテリーは車に電力を供給する非常に重要なパーツです。
当然、バッテリーの電力が不足、もしくは完全になくなってしまえばエンジンもかからないということになります。
車というのはできるだけ故障がないように作られており、実際エンジンそのものが故障してしまうといったケースはあまりありません。
そこでまずはバッテリーをチェックすることが重要なわけです。

では、バッテリーがあがってしまっている場合、どうすればよいのでしょう。
方法の一つは、バッテリーを交換してしまう方法です。
ただ、この方法の場合交換用のバッテリーがなくてはいけません。
整備工場などで交換してもらうにしてもすでにエンジンがかからない状態になっていますから手間がかかってしまいます。

もう1つの方法としては他の車のバッテリーから電力を充電する方法があります。
この時、自分の車と同じ大きさ、もしくはそれ以上に大きな車を用意しましょう。
知人などに頼んで車を持ってきてもらうとよいでしょう。
ボンネットを開け、ブースターケーブルを使ってそれぞれのバッテリーをつなぎます。
ブースターケーブルは赤と黒の2種類がありますので赤はそれぞれのプラス端子に、黒は相手の車のマイナス端子に、そして自分の車のボルト部分などにつなぎます。
これで充電が可能になります。

車の故障には色々な原因が考えられますが、エンジンがかからないという場合にはバッテリーのチェックが有効です。

車から異音?!考えられる故障ケース

車が故障したかどうか、これを判断する時に音は重要な要素となります。
走行中に異音が聞こえる、こんな症状が出た時には故障を疑う必要があります。

例えば、ブレーキを踏む度に異音がするという場合、ブレーキが故障している可能性があります。
急ブレーキを踏むとタイヤがキュキュキュと高い音を発することがありますが、急ブレーキをかけたわけでもないのに異音がする場合にはブレーキの点検をしてみましょう。
異音が発生するのはブレーキパットがすり減ってしまっているからで、この状態を放置しておくと最悪の場合ブレーキがきかなくなってしまう恐れがあります。
重大な事故につながる事になりますから、ブレーキを踏んだ時の音には常に注意しておくことが大切です。

また、排気音が急にうるさくなった時はマフラーが故障している可能性があります。
マフラーに穴が開いていることなどが考えられ、この場合もやはりマフラーを速やかに修理しなくてはなりません。
多少排気音がうるさいくらいは放っておくという方もいるのですが、故障していることに変わりはありませんのでマフラーくらいと考えないようにしましょう。

特殊なケースと言えるかもしれませんが、ハンドルを切るたびに音がすることもあります。
これはパワーステアリングオイルが不足していることが原因になっている可能性があり、オイル不足そのものはオイルを補充してあげれば良いのですがオイルがなぜ不足したかをチェックしなければなりません。
オイルが不足している事はなんらかの理由で漏れてしまっている可能性があり、やはり整備工場などに持っていって点検をしてもらうようにしましょう。

このように、故障の原因がなんであれ普段しないような音がした場合には注意が必要です。
明らかに異常な音がしたという場合にはその音がどこから聞こえるのか、何が原因になっているのかを確かめるようにしましょう。
自分では車の状態が判断できない時はプロに依頼して判断してもらうことも大切です。
大きな故障、事故につながってしまう前に対処することがポイントになります。

車が故障する原因について知っておきましょう

a1180_011028

車が故障してしまった時、その症状などから適切な対処をすることが重要になります。
適切な対処をするためにも、対処法だけでなく車の故障の原因を知ることも必要になってきます。
なぜ故障するのか、その原因を知っておけば対応もしやすくなりますし、なにより故障の防止にもつながります。
日々安全に車に乗るためにも、車の故障原因について知っておきましょう。

例えば、車が故障する原因として多いのはバッテリーがあがってしまうことです。
バッテリーには電力が蓄えられており、この電力はエンジンを動かすことに使われていますのでバッテリーが故障したり電力が不足してしまえばエンジンがかからない等のトラブルが発生します。
エンジンが急にかからなくなった時、焦ってしまいますがその原因はバッテリーかもしれないことを知っておけば冷静に対処することができます。

また、普段の運転の仕方も車の故障の原因につながります。
ドライバーの方の中にはセカンド発進をしているという方もいると思います。
ローギア発進からすぐにセカンドにギアをチェンジするのが面倒、というのが主な理由になっているのですが、これは車に大きな負担をかける発進方法になります。
大きな負担がかかるということはそれだけ車の消耗も早いわけですから、これが故障の原因になってしまうケースも少なくありません。
また、思わぬ原因で車の故障を招いてしまうこともありますので注意しましょう。

タイヤのパンクなども故障原因として多く見られます。
特にタイヤの空気圧が十分でない場合は衝撃をしっかりと吸収することができず、パンクしたりバーストしてしまったりします。
もしも走行中にタイヤがバーストすれば大事故になる可能性もありますので、タイヤの点検を定期的にすることも大切です。

私達は普段あまり車が故障するということを意識していないものです。
ですが、車が故障する原因はさまざまで、いつ故障するかはわかりません。
なぜ故障するのか、その原因を知り故障しないように対策をする必要があります。

自分で出来る車の故障診断

車が故障したかもしれない、こんな時は症状から車の状態を診断することが大切です。
とはいえ、車のプロではない私達にとってこれは難しいことのように感じます。
ですが、決してそんなことはありません。
普段その車に乗っているからこそ解ることもあるのです。

車に異常が発生した時、その多くは音によって診断をすることができます。
いつもと違う音がする場合には故障していると考えられます。
車を運転する時には常に音に気を配りましょう。
もちろん、音といってもさまざまです。
たとえば、エンジンをかけるとキュルキュルと音がする場合、エンジン関係の故障が考えられるのですが特にエンジンベルトを疑う必要があります。
ベルトが緩んでしまっている可能性があるからです。
同じエンジンの故障であってもカチカチといった音がする場合にはバルブクリアランスに原因があると考えられますし、ガラガラと乾いた音がする場合は油圧タペットの異常かもしれません。

このように、音というのは故障を診断する時の重要な要素となるのです。
いつ、どこから、どんな音がするのか、これを判断するだけでも車のどこが故障しているのかを診断できるようになります。
自分で対処できそうならそのまま対処すればよいですし、無理だと感じれば整備工場に持って行くなどしましょう。

また、自分の感覚も大切です。
ハンドルを切った時の感覚が違う、ブレーキのかかり具合が違う、乗り心地が違う、こうした普段と違う感覚がある時もやはり車が故障しているかもしれません。

ただ、自分で勝手な判断をすることが悪い結果になってしまうこともあります。
何が原因で故障しているのかがはっきりとわからない場合はプロに診断してもらうことも大切です。
車に異常があるかどうかは普段の運転時から気を付けていればある程度感じるとることができます。
車の異常を放置しておけば重大な事故につながる恐れもありますので、事故を防ぐためにも車の状態を正しく診断できるようになりましょう。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿