事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 廃車
  3. 廃車にする場合の手続きと流れ

廃車にする場合の手続きと流れ

陸運局で廃車の手続きの流れ

自動車の廃車手続きですが大きく分けると業者に頼んで廃車登録をしてもらう方法と、自分で廃車登録を行う方法があります。
いずれの方法を取るにしても、自動車の廃車手続きを行う時には陸運局で手続きをすることになります。
ちなみにですが、軽自動車の廃車を行う時には軽自動車検査協会になりますので、間違えないようにして下さい。
基本的に廃車手続きを行う場所が異なるだけで、行う手続きなどは普通車も軽自動車もほとんど変わりません。

一般的に自動車を廃車するといった時には、永久抹消登録をする事を指し、永久抹消登録をした自動車は公道を走ることが出来ません。
永久抹消登録をする時には、先に自動車を解体することが一般的な方法となりますので、そもそも走らせるも何も車がない状態になります。
この解体してもらう時には、手続きにナンバープレートが必要となるので、解体前には取り外ししておきましょう。
解体をしてもらうには自分で解体業者に連絡をとって解体を依頼します。
この時に、リサイクル券が必要となりますのでリサイクル券があるかどうかも確認しておくと良いですね。
また、解体費用に関しては解体業者によって異なりますので、その点も含めて複数の業者に連絡を入れておくと良いでしょう。
解体が終われば、解体報告記録日を連絡してくれますので、この解体報告記録日の知らせがあってから、陸運局で手続きをしていくことになります。
必要書類や印鑑を用意して、ナンバープレートを返却し、申請書を窓口に提出することによって廃車手続きは終わりです。
次に、自動車税の還付手続きなどを行っておくことをお勧めします。

自動二輪の廃車の手続きに関して

a0001_011754

自動二輪の廃車手続きにはいくつかの種類があります。
廃車と言いますと、一時的な登録の抹消と、永久的な登録の抹消があるのですが、自動二輪の場合ですと排気量によって手続きが若干異なります。

小型二輪自動車ですが排気量で言いますと、251CC以上の自動二輪ですね。
流れとしてはナンバープレートを取得した運輸支局にて手続きをした後に、解体業者にスクラップしてもらいますが、もう少し詳しく解説していきます。

運輸支局で廃車の手続きをする際に、実際の自動二輪を持ち込む必要はありませんが、ナンバープレートが必要になりますので、手持ちの自動二輪からナンバープレートを取り外す必要があります。
次に、運輸支局にて手続きをすることになるのですが、運輸支局にある申請書(OCRシート第3号様式の2といった書類です)に記入してから、必要書類を提出し、ナンバープレートの返納を行います。
ナンバープレートを返納することで手数料納付書の返納確認欄に返納確認の判子かシールがあることを確認して下さい。
次に、運輸支局内にある自動車税事務所に出向き、来年度から軽自動車税がかからないように申請しておく必要があります。
最後に、手続きを終えた自動二輪を解体業者に解体してもらって終わりです。
自賠責保険の残り期間があるのなら保険料の返戻がありますので、そちらの手続きも忘れないようにして下さい。

必要書類としては、自動車検査証、印鑑、申請書、手数料納付書(これは一時的に登録を抹消する場合に必要です)、軽自動車税申告書(運輸支局内にある自動車税事務所から入手できます)、ナンバープレート、となります。

廃車する時の手続きに必要な書類

自動車を廃車する時の手続きに必要になる書類とは、何があるのかを書いていきます。
ただし、廃車と言っても永久抹消登録と一時的に登録抹消をするケースがありますので、ここでは永久抹消登録をするケースに限定します。
一般的に廃車といった場合は永久抹消登録のことを指しているので、普通自動車、軽自動車を廃車にする場合に必要な書類と考えて下さい。

自動車検査証、いわゆる車検証は必須です。
車検証ですが、記載されている住所と現住所が異なる、氏名が異なるといった場合、車検証に記載されている内容から現在までの変更内容を確認することが出来る書類が必要になります。
引越しをした、結婚をしたなどのケースが該当するのですが住民票や住民票の附票、戸籍の附票、戸籍謄本、などが発行から3ヶ月以内の書類が必要です。
どの書類が必要になるか解らないといった時には、手続きをすることになる陸運局や役所などに確認しておくと良いでしょう。
車検証の所有車欄が本人の名前ではなく、ディーラーや信販会社となっている場合には、そこに記載されている会社に連絡をとる必要があります。
この時に所有者からの譲渡証明書や委任状、印鑑証明がなければ廃車手続きを行うことが出来ませんので注意しておきましょう。
また、車検証の記載に変更を加える必要がある時には、変更登録手数料がかかりますので覚えておくと良いですね。
他に必要なものは、車の前後についているナンバープレート2枚、所有車の実印(軽自動車は認印でも可)、印鑑証明(軽自動車の場合は不要)、自動車リサイクル券、解体に係る移動報告番号と解体報告記録日、申請書、税金還付の為の振込先情報となっています。

オートバイの廃車手続きについて

オートバイの廃車手続きは、一般的に自動車の廃車手続きよりも簡単だとされていますが、オートバイの場合は排気量によって若干その手続きの仕方が異なってきますので、注意しておきたいですね。
また、オートバイの廃車手続きにも車の廃車手続きと同様に、一時的に登録を抹消するケースと、永久に登録を抹消する2通りの方法があります。

では、具体的排気量別となっている区分を説明していきます。
最も所有している人が多いであろう原付オートバイですが、これは125CC以下の排気量に該当します。
オートバイを廃車する手続きの中でも最も簡単な手続きになりますので、自分で手続きをするのも充分可能です。
次に、軽二輪車と区分されるオートバイがあり、こちらは126CC〜250CCまでの排気量のオートバイが該当します。
125CC以下のオートバイの手続きよりも若干手続きが煩雑となり、必要になる書類が増えます。
最後の区分は小型二輪車と呼ばれる区分です。
251CC以上のオートバイが該当することになり、必要書類なども増えることになります。
いずれの区分のオートバイであっても廃車手続きをするには、必要になる書類や印鑑などのものがありますので、事前に確認をして用意しておくと良いですね。
あわせて、オートバイの廃車手続きを終えた後は、自賠責保険の残り期間に応じて返金してもらうことが出来ますので、返還請求をするのを忘れないようにしておきましょう。

オートバイの廃車手続きはそんなに難しいものではありませんが、面倒だと感じるのならオートバイ買取店などで売却すると良いかもしれません。

軽自動車を廃車する時の手続きについて

a0001_006604軽自動車を廃車にする時の手続きとしては2つあります。
一時的に登録を抹消することと、永久的に登録を抹消することですね。
流れとしては、軽自動車を解体する、軽自動車の廃車手続きに関する書類を用意する、最後に軽自動車の廃車手続きを行うといったことになります。
一時的に登録を抹消する場合では、軽自動車を解体する必要はありません。
一時的な抹消とは何かと言いますと、海外に単身赴任する、病気の療養などで長期間車に乗ることがない場合に行う手続きのことで、一時的に使用をやめる時に行う手続きです。
永久に登録を抹消する場合は、上でも書いたように軽自動車を解体することで永久に乗れないようにする必要があります。

軽自動車を廃車するにしても費用がかかりますので、簡単に紹介しておきますと、軽自動車を解体する費用、リサイクル料金、軽自動車検査協会において手続きをする時の手数料となります。
リサイクル料金については軽自動車を購入時に支払うことになっていますので、手元にリサイクル券があるかどうかを確認しておきたいですね。
また、軽自動車の解体費用としては解体を依頼する業者によって異なりますので、費用を安価にしたいのならいくつかの業者に料金を聞いてみると良いですね。

廃車手続きに必要なものとしては、軽自動車検査返納届もしくは自動車検査証証明書交付申請書、認印、車検証、ナンバープレート、軽自動車税納税申告書になります。
永久的に登録を抹消する場合は軽自動車検査返納届が必要になり、一時的に登録を抹消する時には自動車検査証証明書交付申請書が必要となりますので覚えておくと良いでしょう。
これらの書類は軽自動車検査協会にて手に入れることが出来ます。

原チャリ(原動機付自転車)を廃車する時の手続きとは

今回の記事では、原動機付自転車を親しみぶかい呼び名『原チャリ』と書かせていただきます。
原チャリを廃車にする時の手続きですが、これは125CC以下のバイクを廃車する手続きが必要となります。
バイクを廃車にする時の手続きは、自動車の手続きよりも簡略化されているのですが、排気量によって若干手続きの仕方が異なってきます。
原チャリを廃車する場合ですが、流れとしてはナンバープレートを取り外した後に、市区町村の役所で手続きを行って、解体してもらうことになります。
名義変更をしたり、住所変更をする場合にも廃車手続きを行うことになるのですが、この場合は手続き上の廃車となり、実際にスクラップにすることはありません。

では、もう少し具体的に説明していきます。
先ず手続きをする前に、ナンバープレートが必要となるので原チャリからナンバープレートを取り外しして下さい。
その後、役所にある廃車申告書に記入し、必要書類を提出します。
必要書類とは、ナンバーを取得した時に交付される書類である標識交付証明書ですね。
後は認印が必要になるので忘れないようにして下さい。
書類の提出とともに廃車証を受け取り、ナンバープレートを返納します。
次に、解体業者にて原チャリをスクラップしてもらって、終了です。
廃車手続きを終えた後に、自賠責保険の有効期限が残っているのなら自賠責保険に支払った保険料が返戻されますので、その手続きも忘れないようにして下さい。

ちなみに一時的に原チャリの使用を中止する場合ですと、手続きをした後に交付される廃車証明書を保管しておく必要があります。
再登録をする際に必要になりますので、なくさないようにして下さい。

バイクの廃車を手続きの仕方

a1180_000258

バイクの廃車手続きにも様々な手続きがあるのですが、ここでは126CC〜250CCまでの排気量のバイクの廃車手続きについて書いていきます。
この126CC〜250CCまでの排気量のバイクは軽二輪自動車と呼ばれる区分になるのですが、基本的に手続きは非常に簡略化されているものですね。

バイクの廃車手続きの基本としては、ナンバープレートを取り外しておく必要があります。
運輸支局で手続きをする時にナンバープレートを返却する必要があるからですが、必要なのはナンバープレートだけでバイク本体ではないので、取り外しておくことは必須です。
軽自動車届出済証返納届、軽自動車届出済返納証明書交付請求書(一時的な登録抹消をする時に必要となるものなので、解体処分をして永久的に登録抹消する場合には必要ありません)などの書類に記入して、ナンバープレート、必要書類などと提出します。
すると、軽自動車届出済証返納証明書を発行して貰えますので、なくさないようにして下さい。
ちなみにですが、永久に登録を抹消するケースですと手数料はかからないのですが、一時的に使用を中止する場合ですと申請に手数料がかかることになります。
必要書類としては、ナンバープレートが交付された時に発行される軽自動車届出済証、自賠責保険の証明書、認印、ナンバープレートなどがあります。
基本的に自動車の廃車と比較すると、手続きそのものが簡略化されていますので自分で手続きを行う人が多いのが、バイク廃車手続きの特徴です。

廃車手続きの委任状とは

廃車を手続きをする時には、必ずしも所有している本人が手続きを行わないといけないことはありません。
委任状があることによって、代理人が廃車の手続きを行うことが出来ますので、仕事が忙しくて手続きをしに行けない人は委任状を書いて代理人に手続きの申請をしてもらうと良いですね。
委任状に関してはわざわざ運輸支局などに取りに行く必要もなく、インターネットを使ってダウンロードすることが可能です。
ダウンロードした委任状を印刷して、所定の欄を埋めるようにして下さい。

委任状の書き方も簡単に説明しておきます。
まず受任者といった言った欄がありますので、ここには本人に変わって手続きをしに行く人の住所と氏名を記入します。
次にその下には受任者を代理人として定め、という文章がありますのでその空欄には登録抹消と記入するようにして下さい。
その次の空欄には車検証に記入されている番号を記入します。
委任者の欄には、所有している本人の氏名と住所と記入し、所有車の実印を押しておきます。
これで委任状の記入は終わりです。

そんなに難しいものではありませんので、簡単に手続きを済ませることができるでしょう。
所有しているバイクや自動車を売却するといった時にも、名義変更を店舗に任せるのであれば、この委任状を書く必要がありますので、バイクや自動車を売却した経験がある人なら記入した経験があるかもしれませんね。
委任状が必要になる場合は、事前に用意しておくと捗りますので、インターネットを使えるのなら利用しておくと便利です。

廃車手続きをする際の費用はどれくらいか

money1_pic1

廃車手続きをする際には、どのくらいの費用がかかってしまうのでしょうか?
端的にその回答を書いてしまいますと、廃車費用はそれぞれの状況によって異なります。
つまり一概にこのくらいの費用がかかります、とは言えないのです。
基本的にかかる費用としては、解体費用、抹消登録費用に手数料がかかってきますので覚えておきましょう。
自分で自動車の廃車手続きをするのなら、ある程度の手数料は減らすことが可能です。
自動車の廃車手続きに関しては、煩雑な部分もあるので業者や行政書士に任せてしまうと言うような人もいるのですが、この場合は手数料がかかります。
その手数料に関しても業者や行政書士によって異なるので、安価な手数料で行ってくれるところを探すのも良いでしょう。
ちなみにですが陸運局近くで開業している行政書士事務所では、比較的に安価な手数料で手続きをしてくれるようですね。

解体業者に支払う費用としては、自動車を引取にきてもらった場合は手数料がかかります。
この手数料としては解体業者の所在地から引取場所までの距離によって変動しますので、一概に価格を出すことが出来ません。
ただし、廃車する自動車が自走できるのなら、自分で解体業者まで持ち込むと無料となります。
また、解体する場合ですが解体業者によってはスクラップした後の車を鉄くずとして買取してもらうことが出来ることもあります。
この場合は鉄相場によって変動しますので、廃車にすることで僅かながらお金を受け取ることも可能です。

車を廃車する時の手続きの方法について

車やバイクなどを廃車する時には、大きく分けると2つの方法があります。
1つは永久抹消登録と呼ばれるもので、所有している自動車などを解体してしまって、二度と乗らなくしてしまう時に行う手続きです。
一度、永久抹消登録を行ってしまうと、日本国内の公道を永久に走ることが出来なくなるので、車を手放す時の最終手段だと言えます。
永久抹消登録をする場合の手続きとしては、一般的には解体業者などで所有している車をスクラップした後に陸運局などで廃車手続きを行います。
一般的に廃車といった場合は、永久抹消登録のことだと考えて良いですね。
永久抹消登録を行う車としては事故を起こしてしまって、修理をすると新車を購入するよりも高くついてしまうようなケースがほとんどですね。
また、年式が古くなりすぎてしまった車を廃車にするといったケースも代表的です。

もう1つは、一時抹消登録です。
こちらは永久的に登録を抹消してしまうのではなく、あくまでも一時的な措置として行うものですね。
例えばですが、長期的に海外へと出張や旅行に行くケース、長期的に入院するようなケースなどが一般的な理由です。
一時抹消登録をすることによるメリットは、毎年請求がくる自動車税の請求がこなくなることです。
長期的に車を使用しないといった場合は、一時抹消登録を行っておくことをお勧めします。
注意点としては、一時抹消登録をすることで発行される一時抹消登録証明書といった書類は再登録時も必要となるので、なくさないように保管して下さい。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿