事故車の買取、廃車引取り、格安板金はお見積り無料で、スピード対応のプラスワンオートにお任せ!

廃車・事故車・格安板金のご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-568-901

スマートフォンからのお問い合わせ

  • HOME
  • 会社概要
  • 無料査定・ご相談

全国対応です!

  1. ホーム
  2. 中古車
  3. 車売却時に出てくる確定申告の必要性

車売却時に出てくる確定申告の必要性

自家用車売却に確定申告は必要か

oshiete_17自家用車の売却は車の買い替えの際に行うことが多く、次にどのような車を購入するか性能や価格はどうなのかなど、主にそうした面に関心を寄せることになります。

最近では国産メーカーが高級なスポーツタイプの車を発売したり、燃費が良いハイブリッド車の種類も増加する中でデザインや性能なども含め様々な選択肢から選ぶことができるようになりましたので、車を選ぶ楽しみや喜びを実感することができるといえます。
そうした一方でお持ちの自家用車をどのように売却するかという点も大切になり、売却額が高ければそれだけ新車の購入費用に充てる事ができますので、いかにして高く売るかということも考えていく必要があると思います。

ただ一つ注意が必要なのは、自家用車の売却に伴い、得られた所得は確定申告が必要になるケースもありますので、場合によっては得られた金額をそのまま新車の購入に充てるのではなく、後の税金の支払いのために残しておかなければならない場合もあるのです。

確定申告が必要かどうか、ポイントとなるのは次の2点です。
業務用もしくはレジャー用として保有していた場合の車が確定申告後、課税対象となる可能性が高いといえるのです。
そのため車の買い取り先にしっかりと確認した上で税理士などに相談し、税務上の適用要件に当てはまるか確認をしておくとよいでしょう。

車両の譲渡と確定申告

年が明けてしばらく経つと自営業の方は確定申告の準備を行うことになり、書類や領収書などをまとめて税理士に依頼するという方も多いのではないでしょうか。

またサラリーマンの方は基本的に源泉徴収となりますので申告経験がないという方も多いのですか、そうしたなかでも自営業の方と同様に申告を行わなければならないケースがあります。
例えば株取引きや不動産の売買などは申告が必要な取引としてよく知られていますが、それ以外にもお持ちの車両を譲渡した場合に申告が必要になるケースもあるのです。

たたすべての車が譲渡により申告対象になるわけではなく、事業用途で使う車両やレジャー用途で使う車両以外の生活用に使う車の場合は対象外で、また特別控除である50万円以下の譲渡の場合も申告は不要となりますので、この点についてまずは確認を行いましょう。

続いて課税対象となる車をお持ちの場合は確定申告を行うことになるのですが、申告方法については細かな知識が必要となりますので税理士に任せた方が良いといえます。
また事業規模は非常に小さい事業者の方の場合はご自身で計算か書類の作成まで済ませる場合もあり、市販の確定申告ソフトを用いたり国税庁のオンラインシステムで入力を行う場合もあります。
ただいずれの方法にせよ計算や書類作成に際しては一定の知識が必要になります。

確定申告における車の譲渡の扱い

確定申告は主に自営業の方が1年間の収入を税務署に申告するもので、申告により納税額が決定することになります。
提出期限は毎年2月16日から3月15日までとなり、前年の1年間の収入や支出等を計算した申告書を作成し税務署に提出となります。

確定申告の対象となるのは個人事業業を営む、不動産の賃貸収入がある、年間の給与収入が2000万円を超える、2カ所以上の会社から給与がある、などをはじめとして多岐に渡る方が対象となるのです。
また単に給与所得などが申告の対象となるだけではなく、例えば住宅やゴルフ会員権を売却して利益がでた場合や、保険金などの満期金がある場合なども申告が必要な場合もありますので、ご自身で気がつかないうちに申告漏れが生じている可能性もあるのです。

意外なところでは個人の方がお持ちの自動車を譲渡した場合についても確定申告の対象になりますので注意が必要となるのですが、すべてが対象として当てはまるわけではありませんので、まずご自身のケースについて確認を行う必要があります。

まず個人の方で業務用として車を保有されている場合の譲渡の扱いは、中古車店に売却や下取りに出した際には譲渡所得の扱いになり課税対象となります。
また個人の方でレジャー用として保有している場合にも譲渡所得の扱いになりますので、車の売却先もしくは税理士などに確認しておきましょう。

自動車の売却と確定申告

auc-view2インターネットの活用の幅が広がる中で、以前よりオークションを利用した取引も盛んに行われ、自動車もまたオークションを利用して売却されています。
一般的に自動車を処分をする際には買取店に出す場合が多いのですが、店側は利益を得るために安い査定額を提示して買い叩くということもよくあるので、消費者同士が直接結びつくことで比較的に高額で取引きすることが可能なオークションを使うのはメリットがあるといえます。
ただオークションを利用する際には少なからずデメリットもあり、特に税金に関しては確定申告漏れを起こさぬよう、充分に注意しなければなりません。

なぜ自動車を売却する際に税金を収める必要があるのかといえば、車は高額な一つの財産であり、処分に伴い得られたお金は収入をとみなされることになるからです。
お金を出してを購入した物を、処分する際に税金が掛かるという事に違和感を感じるかもしれませんが、制度としてある以上は支払いを免れることが出来ませんので注意が必要となります。

ただ売却してお金を得たからと全てのケースで課税対象になるわけではなく、場合によっては確定申告に盛り込む必要が無いこともありますので、オークションによる個人間の取引きだけで済ますのではなく、売却前の整備に出した際に車屋の従業員に確認したり、もしくは税金の専門家に相談して確定申告を行う必要があるか確認を行いましょう。

車の譲渡と税金の関係

個人の方が所有する車を処分する際には、水没や事故などよっぽど壊れた物でもない限り売却益を手にすることになります。
ディーラーで購入する場合には下取りに出すことになりますし、また中古買取店で買い取りに出すということもあるのですか、いずれにせよ譲渡するに伴い税金と関係性が生じてくるケースがあります。

では税金を納めるか否かはどのようなところで変わってくるのでしょうか。
ポイントとなるのは車の分類で、個人の方が車を持つ場合は業務用・通勤用・レジャー用などのおよそ3つの用途に分類されることになり、これは保険を申し込む際にもいずれかを選択することになります。
業務用とは個人事業主の方が主にご自身の仕事を行う際に使用する場合を指し、通勤用は職場と家の往復での利用がメインとなる場合で、またレジャー用とは休日に遊びに行く際に使用したり遊び専用の特殊な種類などを指しています。

この3つの中で業務用・レジャー用は日常生活で通常必要となる動産とはみなされないことから売却に際して課税対象とされることになり、車の譲渡と税金には大きな関係性がありますので、くれぐれも確定申告から漏れることがないようお気をつけください。

なおポイントとなる生活に通常必要であるか否か、という判断はケースによっては難しい場合もありますので必ずしも税金と関係があるわけではなく、税理士などの専門家に確認しておいた方がよいといえます。

車を売ると確定申告はどうなるのか

車を持つ中では購入することもあれば、やがては乗り換えに際して売るということもあるのですか、そうした時に普段の生活の足しとして使うのではなく、レジャーなどで使用することを目的とした場合は、気をつけておきたいことがあります。

というのもレジャー用の車の場合は買取店などに売ることで得られたお金は所得として分類されますので、全てをご自身の懐に入れることが出来ず、申告対象となる車の場合は確定申告を行う必要があるのです。
購入や購入後の維持に際しては消費税・取得税・重量税などをはじめとして様々な税金が掛かることはよく知られていますか、その一方で売る時にもまた税金がかかることはあまり知られていることではなく、確定申告から漏れてしまうということもよくあるのです。

では万が一にも確定申告をしなかった場合にはどうなるのでしょうか。
高額な取引きの場合は店舗が税務署に支払調書を提出することもあるのですが、車の場合はそうした規定がないことから申告しないことにより、すぐに罰が下されたり課徴金がとられるということはないと言えます。

ただ全く何もないというわけではなく、例えば買取店やご自身で経営している店舗に税務調査がはいった場合には過去に遡り調べられることになりますので、そうした中で申告漏れを指摘された場合には追徴課税されることになり、負担が非常に大きくなりますので、忘れることがないようしっかり申告することが重要となります。

車の売却にかかる税金について

money5_pic1

個人で事業をされている方は税金に関しては様々な面で注意することがあり、経費をどうするか、節税するにはどうすればよいかなど気になることも多々あるといえます。
そうした中で事業で車を使用している場合には、車の売却に際して税金がかかるので、個人事業主の方は所得税に基づいた処理を行う必要があるのです。

個人事業主の場合は売却した際の所得は事業所得となり、そこで得られた所得は譲渡所得に分類され、この譲渡所得は売った金額から取得費と譲渡費用などを差し引いて計算することになります。
シンプルな例をあげてみると、たとえば簿価で40万円とされている車が買取店の査定で50万円となるケースでは、車が40万円に対して現金が50万円となり減価償却費が5千円である場合は、事業主借が9万5千円という仕分けになるのです。

つまりこの9万5千円が譲渡益になるわけなのですが、ここで一つポイントがあり、特別控除についても計算に入れることになります。
譲渡所得の特別控除は50万円となりますので50万円以上の譲渡益に関しては差引きされることになり、加えてこの金額以下の場合は税額がゼロとなるのです。
特に軽のワゴンなどを事業用として使用している方も多いのですが、軽の場合は売却額が特別控除より下回ることも多くなりますので、税金がかからない可能性が高くなるといえます。

車両の売却と確定申告

車両を処分する際にはディーラーや中古買取店に出すだけでなく、個人間で取引行い売却をするケースもあります。
以前であれば知り合い同士など小さなコミュニティー内で行われることが一般的だったのですが、近年ではネットオークションが人気を集める中で遠方の顔を互いに知らない個人間で車を売却するケースも非常に増えているのです。

個人間の取引きでは中間マージンが掛からないことから高額での売却も可能なのですが、その一方で車業者を通さないことから手続きを全て自分たちで行う必要がありますので、このあたりは大きなデメリットであるといえます。

まず車両の名義変更手続きには車庫証明・印鑑証明書・譲渡証明書・委任状・車検証・移転登録申請書などを始めとして様々な書類を準備する必要があり、お住まいの管轄の運輸支局に赴いて書類を入手し必要な項目を書き込みます。
すべての準備が整ったら再び運輸支局で提出し手続きを行うことになり、いずれも不備がないよう注意しなければなりません。

また車両の売却に伴い確定申告を行う必要がありますので、個人間の取引きの場合でも相手方から領収書を取得したり売買契約書を締結するなど、確定申告で取引きがあったことを証明するための書類を作成する必要があります。
こうした細かな事柄に関しては相手方が作業を渋るということもあるのですが、確定申告の必要性がある以上はしっかりと準備してもらう必要があるといえます。

中古車の売却と確定申告

お持ちの車もそろそろ買い替え時を迎えたとき、車の売却先として中古車販売店を選ぶケースがあります。
特に車に対する思い入れが強く、特定の車種にこだわったり特定のカテゴリーにこだわる方の場合はディーラーで新車を選ぶことはあまり無く、なじみの販売店で中古市場から希望の車種を探してもらうということがあるのです。

特にレース仕様のスポーツカーやVIPカー、または中古市場でしか手に入らないクラシックカーやアメ車などは専門店があるほどの人気ぶりで、同系列の車をその店舗で売却し再び同系列の車を購入するという方が多いのです。

中古車販売店で下取りに出すメリットとしては、売却と購入を同一店舗で行えるという利便性や、特殊なカテゴリーの車でも高く購入してくれるということが挙げられ、中には購入した時よりも高い査定額がつく場合もあるのです。

ただ高値での買取はうれしいものの全てのお金を購入費に回すことはできず、50万円を超えて売却した場合にはのちに確定申告をしなければならない可能性が高く、所得税の納税分のお金も残しておく必要があります。
確定申告は全ての中古車が対象になるわけではなく、主にレジャー用の車両や著しく高額な車両の場合は課税対象となりますので、まずは販売店のスタッフに確認を取り対象であることがわかった場合は税理士に相談して確定申告を済ませましょう。

査定申込みで、ご成約で!Wキャンペーン

最近の投稿